芥川賞作家・村田沙耶香さん
NYでトークイベントを開催

国際交流基金(The Japan Foundation)はジャパン・ソサエティとの共催により、11 月 3 日(土)に芥川賞受賞作家・村田沙耶香氏のトークイベントをニューヨークで開催する。日本でも話題となった『コンビニ人間』の英訳出版を記念し、村田氏と翻訳家のジニー竹森氏が作品について語り合う貴重な機会だ。

同書は村田氏の著書の中でも初の英訳作品。一人の独身女性の視点を通じて現代日本社会を描く本作は、瞬く 間にアメリカの批評家の目に留まり、ニューヨーク・タイムズ紙などに取り上げられた。トーク後はサイン会とコンビニエンスストアをテー マにしたレセプションが実施される。

■チケット購入方法・詳細:
https://www.japansociety.org/event/convenience-store-woman-meet-author-sayaka-murata

村田沙耶香
1979 年千葉県生まれ。玉川大学文学部を卒業。2003 年『授乳』で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)受賞。2009 年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、2013 年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島由紀夫賞、2016 年『コンビニ人間』 で芥川龍之介賞を受賞。著書に『マウス』『星が吸う水』『ハコブネ』『タダイマトビラ』『殺人出産』『消滅世界』『地球星人』などがある。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2019-1-14

    NRI SecureTechnologies, Ltd.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるNRI SecureTechnologies, Lt...
  2. 2017-7-1

    ロサンゼルスの元敬老ホームのその後 日本のテレビが関係者に現地取材敢行

    本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...
  3. 2017-1-6

    自分と重ねる? 「20th Century Women」(12月30日公開)

     取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  4. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...
  5. 2017-9-4

    鮭のちゃんちゃん焼き うどんdeみたらし団子

    まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る