JAL、成田=シアトル線を開設

JALは、2019年3月31日より、成田=シアトル線を開設することを決定した。これにより、JALの北米西海岸路線は6路線目となる。

日本と米国主要都市間の需要は上位20都市で全体の84%を占めており、シアトルはロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、ラスベガスに次いで5番目に需要が大きな都市。今回の路線開設により、JALは共同事業パートナーであるアメリカン航空とともに、多くの企業が拠点を構えるシアトルと、日本のみならずアジア各都市との需要に積極的に対応する。そのため、日本発着、成田経由アジア各都市発着、いずれの利用客も利用しやすい成田夕刻発着のダイヤ設定となった。

また、アラスカ航空とのコードシェア路線を拡大し、北米北西部を中心としたシアトル以遠の各都市への乗り継ぎ利便性を高める。日本から一番近い米国本土への国際線として、日本・アジアと北米を繋ぐ架け橋となるべくチャレンジして参ります、と同社は意気込みを語った。

※当計画とスケジュールは関係当局への申請と認可を前提としている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2019-1-22

    「がんの見落とし」を防ぐ新サービス〜日本帰国時の検診〜

    がんの治癒は早期発見が決め手 日本人の2人に1人ががんになる時代。あなたは健診を受けていますか? ...
  2. 2016-9-5

    子役の演技にぶっ飛ぶ 「Pete’s Dragon」 (8月12日公開)

    1977年にディズニーが製作した実写とアニメの同名合成映画のリメイクとなる本作は、ドラゴンと...
  3. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  4. 2019-8-5

    ヘルシーフードで美腸をつくる!

    日本でブームの「腸活」って何? 日本でここ数年ブームとなっている「腸活」「菌活」をご存...
  5. 2019-2-4

    米国大手会計士事務所・所得税担当者監修 個人所得税申告書の作成ガイド2018

    本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る