マツダ「MX-5 MIATA」を商品改良
走りの楽しさをさらに追求

マツダの2019「MX-5 Miata」が販売開始となった。昨年のモデルから出力性能を17%高め、燃費性能を向上させたSKYACTIV-G 2.0-liter engineを搭載。マツダの設計思想である人馬一体に基づいて多くの改良が重ねられ、これまで以上に人間の感覚にあった上質にして乗り心地の良いクルマとなった。

MX-5 Sportの2019年モデルは、低速時の衝突被害を自動ブレーキで軽減するスマート・シティ・ブレーキ・サポート、車線逸脱警報システム(LDWS)、リア・クロス・トラフィック・アラート付きブラインド・スポット・モニタリングの機能を加えたi-ACTIVSENSEスポーツパッケージを提供。またMX-5 Sportに加え、さらに高級感を増したMX-5 Grand Touring、操る楽しさを極めるMX-5 Clubはソフトトップ、MX-5 RFはリトラクタブルハードトップ構造を採用している。

MX-5 Grand Touringには新しく「GT-S Package」が設定され、SKYACTIV-MT 6速マニュアルトランスミッション、フロントショックタワーブレース、リミテッドスリップリアデフ、ビルシュタイン製ダンパーを提供する。2つの上位トリムを持つMX-5 ClubにはSKYACTIV-MTトランスミッションが搭載されており、MX-5 Sportにビルシュタイン製ダンパー、ショックタワーブレース、リミテッドスリップリアデフを採用。MX-5 Grand Touringの走る楽しさをさらに深めた。

米国におけるすべての2019 MX-5モデルは7000rpmで181馬力、4000rpmで151lb-ftトルクの力を生み出すSKYACTIV-G 2.0-リッターエンジンが標準で搭載される。この数値は従来モデル比において出力で26馬力、トルクで3lb-ftの向上となる。

■日本語ウェブサイト:https://ja.mazdausa.com/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  2. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  3. アメリカの就職・転職

    2018-8-29

    アメリカでの就職・転職6箇条 | 2018年保存版

    世界を動かす経済大国「アメリカ合衆国」。世界各国から優秀な人材が集結し、新しい情報に触れるこ...
  4. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  5. 2017-4-5

    自分の死亡記事は……? 「The Last Word」

     事業を成功させ、リッチな老後を送るハリエットは、我の強い性格ゆえに孤独な日々を送っていた。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る