在米アーティストのためのシンポジウムをNYで開催

左上:加藤恵子さん、左下:岩佐麻里子さん、右上:打木希瑤子さん、右下:ヨシ天尾さん

ニューヨークを拠点とし、パフォーミングアーツ支援の活動を主とする非営利団体「CATCH US PERFORMING ARTS(CUPA)」が、2019年4月8日(月)にマンハッタンにあるRipley-Grier Studiosでアーティスト・シンポジウムを開催する。同団体は、日本をキーワードに若手育成、アーティスト支援を目的とし、文化、芸術、エンターテインメントを通して、日米交流とより良い社会を作りを目指している。

同団体は、去る1月21日、石榑雅代(琴奏者)、Ka-Na(シンガーソングライター)、小森悠冊(ダンサー)、田中太山(書画家)を迎え、マンハッタンにあるオペラアメリカで設立記念イベントを開催。今回のシンポジウムでは、未来を担う若手や米国で活動中のアーティスト、パフォーマーを募り、移民弁護士によるレクチャー、質疑応答、実績のあるアーティストやプロデューサーを迎えてのパネルディスカッション、意見交換会を行う。

第1部では、移民弁護士の加藤恵子氏が米国におけるビザ申請、取得、また現在の移民法についてのレクチャーと質疑応答を実施。なお、CUPAのウェブサイトでは事前にアーティストへのアンケートをネット上で行い、質問を募る。それらをまとめたものと、当日の参加者からの質問も織り交ぜながら加藤弁護士が回答する。

第2部のパネルディスカッションでは、役者のヨシ天尾(Samurai Sword Soul)が司会を務め、プロデューサーの打木希瑤子(New York Hallelujah Company, LLC.)とパフォーマーの岩佐麻里子をパネリストとして迎え、彼らの体験談や米国で活動するうえでのアドバイスを聞く。

CUPA主催第一回アーティスト・シンポジウム
■出演:加藤恵子(移民弁護士)、打木希瑤子(プロデューサー)、岩佐麻里子(パフォーマー)、ヨシ天尾(司会)
■開催日時:2019年4月8日(月)7:30pm開演
■開催場所:Ripley-Grier Studios, Room 16FG (520 8th Avenue, 16th Fl., New York, NY 10018)
■入場料:無料
■申し込み:http://catch-us.eventbrite.com
■事前アンケート:http://catch-us.org
■問い合わせ:201-942-0555 または info@catchus.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る