LADOT(ロサンゼルス市交通局)の新施設オープン

LADOT event

スピーチするLADOT Assistant General Manager のJay Kim氏

4月11日にLADOT(ロサンゼルス市交通局)の新メンテナンス施設のオープニングレセプションを行った。

LADOT(ロサンゼルス市交通局)では新たに最先端圧縮天然ガス(CNG)と電気バスサービスを導入し、そして新しく公開されたメンテナンス施設では77台のバスを収容することが可能。

今回の新施設オープンと同時に4月から順次始まる新サービスについても発表があった。4月15日から新しく通勤者用急行サービスがダウンタウン-プラヤビスタ間(Route 437B)、ダウンタウン-エル・セグンド間(Route 439)の2ルートが始まる。運行時間も平日は午後9時までとなり、週末も本数が増加する。さらに4月の始めから、資格を与えられた高齢者の方や障害者の方はLADOTDASHバスの無料利用など、大きな特典がある。

「ロサンゼルスの住民は環境にやさしい新たな移動手段を求めています。我々は新たなルートと技術をもって、混雑を和らげ、温暖化ガスの排出の削減に努め、誰もが行きたい場所に簡単に行けるサービスを提供しています」とエリック・ガーセッチ市長は述べている。

■詳細:LADOTカスタマーサービスセンター
(213, 310, 323, 818) 808-2273
www.ladottransit.com/newserviceplan

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...
  2. 2015-6-20

    ディズニー・クルーズライン バハマ4泊の旅 前編

    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クル...
  3. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  4. 2016-11-1

    ビールメーカー 4000社超の激戦時代 海外ブランドにも 大きなチャンス

    サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...
  5. 2019-1-17

    GK Design International Incorporatedアメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州ガーデングローブにオフィスを構えるGK Design International...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る