ニューヨーク育英学園、働くファミリーに最適な早朝&延長保育を開始

2019年度4月から、ニューヨーク育英学園の保育部門では働くファミリーの要望にこたえて、通勤に便利な少し早めの早朝保育と迎えの時間にちょうどいい延長保育を開始した。実施を始めた場所は、マンハッタン・アッパーウエストにあるフレンズアカデミーの「たんぽぽ幼稚園」、そしてニュージャージのGWブリッジ側のフォートリーにあるりんごラーニングセンターの「きりんのへやこども園」。

アッパーウエストのたんぽぽ幼稚園では、早朝は8時から、延長は6時まで実施している。NY市内に在住のファミリーは、子どもを預けた後、そのままマンハッタン内のオフィスへ出勤できるぴったりの時間に設定されている。また、GWブリッジ側のきりんのへやこども園では、早朝は7時半から延長は6時まで実施。NJ近郊に住み、マンハッタン内にオフィスのある家族やNJの南方にオフィスがあるファミリーにとって、こどもを預け、迎えるのに最適な時間となっている。

7時半から始めているきりんのへやこども園での早朝保育では朝食をとることからスタート(希望制)し、朝の身支度やトイレの後、各自の自由遊びを開始する。延長保育でも、少人数ならではの日本語の保育を行っている。「絵本/紙芝居の読み聞かせ」は、1日の活動を終えた後のゆっくりな時間を過ごす延長保育に最適。月刊誌「しぜん」シリーズを読んだ後、外のプレイエリアにある植物のプランターを動かしてだんごむしを見つけたり、夏に届いた「きゅうり」を参考に種まきから収穫までこどもたちと行ってみたりと、少人数ならではの延長保育でできる活動を時間いっぱい使って行う。

また、お迎え前の5時頃には2回目のおやつタイムを設定。帰宅後の夕食に差し支えのないような、フルーツやクラッカーを少し食す程度のおやつとなっている。

たんぽぽ幼稚園、きりんのへやこども園では、問い合わせや見学も常に受け付けている。特に、アットホームな日本語環境の施設を探している、または出勤前の子どもの預け先を探しているファミリーにおすすめ。

■問い合わせ先
マンハッタンのフレンズアカデミー:212-935-8535、Friends.NyIkuei@gmail.com
NJのりんごラーニングセンター:201-947-4707、Ringo.NyIkuei@gmail.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る