米国全世帯のうち60%がオンラインでの回答を選択、2020年国勢調査に回答

2020年国勢調査は順調に進捗している。米国の全世帯のうち60%はすでに調査への回答を済ませており、これはおおよそ8900万世帯に相当する。米国の多様なコミュニティを正確に数えるための努力は、現在も引き続き行われている。

国勢調査局の報道によると、回答を済ませた世帯のうち5世帯に4世帯は、2020census.govにアクセスしてオンラインで回答。

3月には、ほとんどの世帯宛てに2020年国勢調査に関する案内が郵便され、続いて2度目の案内と紙の調査票が送られた。8月になると、国勢調査員は2020年国勢調査への回答を済ませていない世帯に対し戸別訪問を始める。国勢調査局は、5月上旬からスタッフおよび地域住民の健康と安全に留意しながら、一部の地域で現場業務の一部を再開。業務を再開するスタッフは、全員が社会的距離の決まりや個人用保護具に関する研修を受けている。

「2020年国勢調査への回答は、自宅で安全に過ごし、社会的距離の決まりを守りながら行うことができます」と ディリンハム局長は述べている。ビデオメッセージの全編は、こちらのリンクから

国勢調査局作成のオンライン回答率を示した地図では、州、市、郡ごとの回答率を日付を設定して見ることが可能だ。2020年5月25日現在、以下のような結果になっている。

セルフレスポンス率の高い上位10州
1. ミネソタ – 70.0%
2. ウィスコンシン – 67.4%
3. アイオワ – 66.9%
4. ミシガン – 66.7%
5. ネブラスカ – 66.5%
6. ワシントン – 65.4%
7. オハイオ – 65.3%
8. イリノイ – 65.2%
8. バージニア – 65.2%
9. インディアナ – 64.9%

セルフレスポンス率の高い上位10都市または自治体(人口25万人以上)
1. ネブラスカ州リンカーン – 72.8%
2. ケンタッキー州ルイビル/ジェファーソン郡メトロ地区 – 71.6%
3. ウィスコンシン州マディソン – 70.6%
4. ワシントン州シアトル – 69.8%
5. ネバダ州ヘンダーソン – 69.3%
6. ミネソタ州セントポール – 69.2%
7. カリフォルニア州サンノゼ – 68.5%
8. オレゴン州ポートランド – 67.8%
9. バージニア州バージニアビーチ – 67.6%
9. ミネソタ州ミネアポリス – 67.6%
9. コロラド州コロラドスプリングス – 67.6%

国勢調査局は、国民へ2020census.govにアクセスしオンラインで回答することを強く勧めている。オンラインまたは電話で回答する場合、英語または英語以外の12言語で回答できる。郵送の場合は、 紙の調査票に記入して返送。紙の調査票は回答を済ませていない世帯に郵送される。なお、国勢調査の改定された日程については、2020年国勢調査の日程変更ページを参照。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る