日本クラブ ウェブギャラリー「日本の人形:昭和から令和へ」展開催

人形はこどものおもちゃであると同時に民族や風俗、歴史を伝える役目も果たし、時代とともに変遷してきた。もともとは宗教的儀式や祭礼などに用いられていた人形が、次第に遊び道具となってこどもに与えられるようになったのだ。こどもにとって人形遊びは情緒性や想像性を育み、心身のすこやかな成長を育むといわれている。

本展では、昭和から平成そして令和まで、こどもたちを中心に人気のあった人形を時代ごとに展示し、その時代背景とともに見ていく。また1927年にアメリカ合衆国から日本へ贈られた「青い目の人形」(Friendship Dolls:友情人形)と、日本から贈られた答礼人形の親善人形も紹介する。

会期中、正解した人の中から抽選で5名にリカちゃん人形が当たるクイズを、WEBギャラリーで掲載予定。

「日本の人形:昭和から令和へ」
■会期:2021年6月17日(木)〜7月28日(水)
■場所:日本クラブWEBギャラリー
■詳細:https://nippongallery.nipponclub.org/
■問い合わせ:gallery@nipponclub.org

「日本の人形:昭和から令和へ」 バーチャル・オープニング・レセプション開催

日本玩具文化財団理事長の佐藤豊彦氏に、昭和から令和の日本の人形の変遷について紹介してもらう。そして、令和2年度国立劇場文楽賞文楽優秀賞を受賞した吉田勘彌氏に、世界無形文化遺産の「文楽」の奥深い魅力についても話を聞く。文楽は、歌舞伎、能と並び日本の伝統芸能として知られている。300年以上続く人形劇で、まるで人間のように人形を操る高い技術や古典物語などに特徴がある。レセプションでは、「艶容女舞衣」の一部が披露される。

■開催日時:2021年6月17日(木)7:00-7:50pm (EST)
■定員:先着500名
■参加費:無料(任意で医療従事者への弁当プロジェクトへ寄付)
■申し込み:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_fxpbpt6VRhO4_jWB_bBmiA
■問い合わせ:gallery@nipponclub.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る