象印アメリカ、電動ポットを新発売

象印アメリカが、「QUICK TEMPモード」搭載のマイコン沸とう電動ポット(CD-LFC/30/40/50)を新発売した。3リットル、4リットル、5リットルのサイズがあり、日本製。「4段階保温温度設定」をはじめとした機能が満載。お茶やインスタントコーヒーなど、用途に合わせて簡単に利用できる。メーカー希望小売価格はそれぞれ200、210、225ドル。
沸とうさせずに設定温度まで沸かして保温に切り替わるため、湯沸かし時間と電力を節約し、蒸気の発生も抑える。それぞれのお茶を最適な温度で楽しめる。
お湯の残量が斜めからでも確認できる「パノラマウインドウ」水量計、湯沸かし完了や給水をメロディーまたはブザー音で知らせる機能もついている。また、少量でゆっくり注ぎながら給湯時のお湯の飛び散りを防ぎ、手軽にドリップコーヒーを楽しめる「カフェドリップ給湯」や、好きな方向に給湯口を向けられる「回転底」、使わない時間は消費電力を節約できる「節約タイマー」なども搭載している。

zojirushi

■問い合わせ:800-733-6270
■詳細:www.zojirushi.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...
  2. 2017-7-1

    3人の起業家たち それぞれのサクセスストーリー

    コツコツ取り組んでいれば チャンスは必ず訪れる Maruhide Marine Pr...
  3. 2019-1-15

    Muginoho International, Inc.アメリカのビジネスは、今

    サクサクのシュー皮のシュークリームが人気のビアードパパをアメリカで出店しているMuginoho In...
  4. 2018-2-7

    第65回 学校の環境とそこでの出会い

    2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  5. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る