日中企業、CITの航空機リース事業に関心

 米商業銀行CITグループが売却手続きを開始した航空機リース事業をめぐり、オリックスや中国の海航集団(HNAグループ)、中国工商銀傘下のICBCリーシングなど十数社が獲得に関心を示していることが分かった。

 ロイター通信が消息筋の話として報じたところによると、CITの航空機リース部門「コマーシャル・エア」の売却額は、30億〜40億ドルに上る可能性がある。売却の入札には東京センチュリーリース、中国投資有限責任公司(CIC)、中国CDBリーシングのほか、各国の年金基金や保険会社も参加を打診されたという。

 日中リース事業の大手が顔をそろえたことは、長期にわたって安定したドル収入が見込める部門に参入しようと、豊富な資金力で投資を強化するアジア企業の存在感が強まった証拠と言える。

 消息筋によると、350機以上を所有するコマーシャル・エア(資産価値約110億ドル)の1次入札は6月に締め切られる。

 リース会社として世界の上位10社に入るCITは、航空機リース事業を売却して国内の金融事業に力を入れる方針だ。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-10-2

    短期集中連載 第4回 ポジティブ皮膚科学・応用編 パワーエリートをつくるための「皮膚科学×スポーツ科学」総論

    私は「ポジティブ皮膚科学」という概念を提唱しています。人々の心を明るく、気持ちを前向きにする...
  2. 2019-8-7

    お金の新たな価値を伝える 作家 本田健さん

    これまで日本で130冊近くの自己啓発本を出版してきた本田健さんが、「お金と幸せ」をテーマにし...
  3. 2019-12-4

    CCPA対策企画 Vol.1 カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)施行へのカウントダウン

    2020年1月1日に発効するカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA=Californ...
  4. 2017-11-2

    第9回 「川とチーズとビール」 ウィスコンシン州

    名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  5. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る