日中企業、CITの航空機リース事業に関心

 米商業銀行CITグループが売却手続きを開始した航空機リース事業をめぐり、オリックスや中国の海航集団(HNAグループ)、中国工商銀傘下のICBCリーシングなど十数社が獲得に関心を示していることが分かった。

 ロイター通信が消息筋の話として報じたところによると、CITの航空機リース部門「コマーシャル・エア」の売却額は、30億〜40億ドルに上る可能性がある。売却の入札には東京センチュリーリース、中国投資有限責任公司(CIC)、中国CDBリーシングのほか、各国の年金基金や保険会社も参加を打診されたという。

 日中リース事業の大手が顔をそろえたことは、長期にわたって安定したドル収入が見込める部門に参入しようと、豊富な資金力で投資を強化するアジア企業の存在感が強まった証拠と言える。

 消息筋によると、350機以上を所有するコマーシャル・エア(資産価値約110億ドル)の1次入札は6月に締め切られる。

 リース会社として世界の上位10社に入るCITは、航空機リース事業を売却して国内の金融事業に力を入れる方針だ。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-6-4

    短期集中連載 第3回 続・ポジティブ皮膚科学のススメ 皮膚とにおい

    今回は、皮膚とにおいについてお伝えします。 まずは加齢臭ですが、これは皮脂腺から分泌さ...
  2. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  3. 2016-9-4

    第44回 イタリア最高峰のスパークリングワイン生産地を訪ねる

    7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  4. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  5. 2017-9-4

    鮭のちゃんちゃん焼き うどんdeみたらし団子

    まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る