炭素回収のコスト削減で提携〜エクソンとフュエルセル

 石油大手エクソン・モービル(Exxon Mobil、テキサス州)と燃料電池大手フュエルセル・エナジー(FuelCell Energy、コネティカット州)は、発電所が排出する二酸化炭素(CO2)をより低コストで回収する技術を共同開発する。

 AP通信によると、両社は、炭酸塩型燃料電池を使って発電しながらCO2を回収する技術の開発に取り組む。成功すれば石炭および天然ガス火力発電所に応用できるという。

 エクソンは、石油事業の気候変動リスクを控えめに公表して投資家や一般市民を欺いたとして複数州で当局の調査対象になっており、気候変動を引き起こす最も一般的な温室効果ガス(GHG)と言われるCO2の削減は、同社にとって注意を要する問題だ。

 発電所から出るCO2の大量回収は、化石燃料業界にとって長年の課題で、米国などではこれまでにいくつかの試験事業が行われたが、コストの問題もあって望ましい成果が上がっていない。環境保護派からは「その資金をクリーンな再生可能エネルギー発電に投じるべき」との意見も出ている。

 今回の共同事業には、エクソンから10〜15人、フュエルセルから15〜20人の科学者が参加する予定。

 エクソンは2015年に700万トン近くのCO2を回収したと発表しているが、国際エネルギー機関(IEA)の統計によるとこれは世界のCO2排出量の1000分の1にも達しない。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る