全米最大のソーラー施設始動〜ベガス、電力会社には痛手

 ラスベガスで今月上旬、全米最大のソーラー施設が始動した。
 
 クリスチャン・サイエンス・モニターによると、場所は複合娯楽施設「マンダレイ・ベイ・リゾーツ・アンド・カジノ」内のコンベンションセンターで、28エーカーの屋上スペースに2万6000枚のソーラー・パネルが設置された。年間の発電量は、国内の平均的な世帯1340軒の電力を賄えるといい、同施設の電力需要の4分の1を満たす。
 
 電力消費量の多いカジノ大手が集まるネバダ州では、各社が日当たりの良さを利用してソーラー発電への移行を進めており、すでにウィン・リゾーツとラスベガス・サンズがホテル用に再生可能エネルギーによる電力の購入や生産を増やす計画を発表している。
 
 マンダレイ・ベイを運営するMGMリゾーツ・インターナショナルのサステイナビリティ責任者は「給電網(グリッド)からの離脱を考えている。理由の1つはオープンな市場でより多くの再生可能エネルギー電力が買えるためだ」と話す。
 
 消費者側のこうした動きは、電力会社にとっては大きな痛手だ。地元のNVエナジーは、 売り上げの7%を占める3大顧客を失ったら、給電網を維持するには他の客の料金を引き上げざるを得ないと話している。米太陽光エネルギー協会(ASES)のビル・エラード氏は、こうした状況を電力会社にとっての「死のスパイラル」と呼び、「収入が落ちるため給電網からの離脱者引き止めを図るが、残った客の料金を引き上げることでさらに離脱者が増える」と指摘する。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-8-14

    Shop Airlines, Ltd. アメリカのビジネスは、今

    日本最大級の海外ショッピングサイト「セカイモン」を運営するShop Airlines, Lt...
  2. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  3. 2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  4. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  5. 2016-8-7

    アメリカで手に入る 食材で日本の味を

    FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る