全米最大のソーラー施設始動〜ベガス、電力会社には痛手

 ラスベガスで今月上旬、全米最大のソーラー施設が始動した。
 
 クリスチャン・サイエンス・モニターによると、場所は複合娯楽施設「マンダレイ・ベイ・リゾーツ・アンド・カジノ」内のコンベンションセンターで、28エーカーの屋上スペースに2万6000枚のソーラー・パネルが設置された。年間の発電量は、国内の平均的な世帯1340軒の電力を賄えるといい、同施設の電力需要の4分の1を満たす。
 
 電力消費量の多いカジノ大手が集まるネバダ州では、各社が日当たりの良さを利用してソーラー発電への移行を進めており、すでにウィン・リゾーツとラスベガス・サンズがホテル用に再生可能エネルギーによる電力の購入や生産を増やす計画を発表している。
 
 マンダレイ・ベイを運営するMGMリゾーツ・インターナショナルのサステイナビリティ責任者は「給電網(グリッド)からの離脱を考えている。理由の1つはオープンな市場でより多くの再生可能エネルギー電力が買えるためだ」と話す。
 
 消費者側のこうした動きは、電力会社にとっては大きな痛手だ。地元のNVエナジーは、 売り上げの7%を占める3大顧客を失ったら、給電網を維持するには他の客の料金を引き上げざるを得ないと話している。米太陽光エネルギー協会(ASES)のビル・エラード氏は、こうした状況を電力会社にとっての「死のスパイラル」と呼び、「収入が落ちるため給電網からの離脱者引き止めを図るが、残った客の料金を引き上げることでさらに離脱者が増える」と指摘する。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  2. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  3. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  4. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  5. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  6. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  7. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  8. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
ページ上部へ戻る