田淵電機、オンタリオ州で事業拡大 〜 太陽光と蓄電の家庭用システムを設置

 田淵電機は、カナダのオンタリオ州でソーラー・プラス・ストレージ(太陽光発電と蓄電を統合した設備)の家庭向けシステムの設置を拡大している。

 フォーブス誌によると、オンタリオ州での田淵電機による設置件数は30世帯ほどで、オシャワ市の公益会社オシャワ・パワー&ユーティリティーズ(Oshawa Power and Utilities)の試験導入として進められている。

 同事業は、日本の国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が部分的に資金援助している。

 田淵電機のシステムは、「エネテラス・インテリジェント・バッテリー・システム」、略して「EIBS(アイビス)」と呼ばれており、高効率の太陽光発電にリチウムイオン電池の蓄電装置を組み合わせたものだ。双方向インバーターによってソーラー・パネルで発電した電力だけでなく、送電網から供給される電力も蓄電できる。蓄電容量は約10キロワット時。典型的な世帯の約3日分の電力に相当する。

 使用者の希望に応じていくつかのモードで運用できるが、初期設定は、自家発電と送電網からの電力供給を併用して、エネルギー市場の状況に合わせて光熱費の節約を最大化するように設定されている。

 田淵電機は変成器(電圧や電流の値を調整する装置)から事業を起こし、1995年にインバーターの製造を始め、2011年に太陽光製品となるエネテラスを投入した。

 同社にとって太陽光事業は大きな成長要因で、2014年にはインバーターの出荷数が100万個を上回った。2014年における日本での同社製インバーターの設置量は1.5ギガワット以上に達した。

 オンタリオ州のインディペンデント・エレクトリシティー・システム・オペレーター(IESO)は先月23日、計9ヵ所、16.75メガワットに上る蓄電プロジェクトを5社に発注している。

 田淵電機の小規模プロジェクトは、IESOのプロジェクトの一環とは位置付けられていないが、将来的には組み込まれる可能性もある。そうなれば田淵電機によるソーラー・プラス・ストレージの設置件数はさらに増大する。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-1-3

    永住権(グリーンカード)が放棄されて しまった場合の対処法(パート②)

     前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  2. 2017-12-5

    手羽元de簡単ローストチキン クリスマスリースサラダ

    早いものでもう今年も最後の月に入りました! 毎回悩んでしまう、クリスマスメニューですが、簡単に、しか...
  3. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...
  4. 2016-9-15

    UCLAアメフトチームで 活躍する日本人庄島辰尭 (しょうじまたつあき) 選手

    開幕を3週間後に控えた8月中旬。トレーニングキャンプも2週目を迎え、ロサンゼルスからサンバー...
  5. 2018-5-5

    第68回 なぜ数学が苦手?

     ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る