裏ななつ星紀行~紀州編 第三話

文/片山恭一(Text by Kyoichi Katayama)
写真/小平尚典(Photos by Naonori Kohira)

小説家・片山恭一と写真家・小平尚典が、“真の贅沢ってなんだろう?”と格安ローカル列車の旅にでた。

Photo © Naonori Kohira

Photo © Naonori Kohira

 そもそもの発端は、中国の歴史書『三国志』にある。「魏書」第三十巻、一般には「魏志倭人伝」と呼ばれている部分である。曰く、卑弥呼は邪馬台国に居住し、「鬼道」(道教のことか?)で人々を惑わした。二四八年ごろ没したが、その際、直径百余歩もある大きな塚を作り、奴婢百余人を殉葬した。謎めいた記述をめぐり、卑弥呼の人物比定や邪馬台国の所在について、古くは本居宣長の時代から、さまざまな説が唱えられてきた。「魏書」が書かれた三世紀末、日本はまだ無文字社会である。『古事記』の成立には四〇〇年ほどある。つまり中国の歴史書という間接的文献による言及しかないことが、確たる決め手を欠いたまま、論争を泥沼めいたものにしていったのだ。
 箸墓という奇妙な名前は、古く『日本書紀』にも登場する。それによると被葬者は孝霊天皇の皇女・倭迹迹日百襲姫命である。有名な崇神天皇十年九月条には、箸でホトを突いて亡くなった姫命を悼み、人々が墓を造ったときの様子が記されている。「昼は人が造り、夜は神が造った」とか、「大坂山(現在の二上山といわれ、箸墓とは十五キロほど離れている)の石を手渡しで運んで造った」といった具合に、墓の築造が大規模なプロジェクトであったことを窺わせる。
 箸墓=卑弥呼の墓とされる根拠は、主なものとしては三つある。①『日本書紀』によると、倭迹迹日百襲姫命はシャーマン的な人物として認識されており、これは「魏志倭人伝」に記された卑弥呼の性格と重なる。②最新の研究によると、墓の築造は二四〇年から二六〇年のあいだと推定されている。「魏志倭人伝」は、卑弥呼の没年を二四八年ごろとしているから、年代も合う。③サイズ的にも、箸墓の後円部径は約一六〇メートルであり、「径百余歩」という記述とかけ離れたものではない。
 材料は揃っている。でも、決定的な証拠がない。先にも触れたように、この時代の日本には文字がなかった。当事者たちによる記録がないことが痛い。加えて古墳は陵墓指定を受け、宮内庁によって厳重に管理されている。墓を暴くことにもなる古墳本体の調査は、ほとんど行われていない。周辺のごく一部が発掘され、そこから出土したものによって推定するしかないのだ。どうやら卑弥呼の謎は、天皇制の謎でもあるらしい。
 でもまあ、おかげで一七〇〇年後のぼくたちが、ああでもない、こうでもないと熱い議論を交わすことができるのだから、謎めいた記述を残してくれた中国人に感謝である。ついでに宮内庁にもちょっとだけ感謝しよう。卑弥呼と邪馬台国をめぐり、自由に想像し、空想を広げ、妄想しながら歩く、春の大和路は格別である。
 日も傾いてきた。ぼくたちは桜井駅から近鉄で伊勢松坂へ向かう。時間の都合で、ここは特急を使うことにする。二時間半足らず。駅前のホテルにチェックイン。松坂の夜は鶏だった。もちろん牛も美味いが、今夜は鶏なのだ。各種刺身がお勧めということ。でも、まだ先がある旅なのでナマは遠慮し、若鶏の肉を網で焼いて塩と味噌ダレの二種類でいただく。美味い! それに焼酎。甘酸っぱい梅のエキスを少し垂らして飲むのが、ご当地の流儀。郷に入っては郷に従え。さっそくやってみる。韓国のJINROに似たさっぱりした味である。
 翌日は早めにホテルを出て伊勢に向かう。昨夜、鶏を食べたせいか、二人とも肌がツヤツヤしている。今日は一日、「善男シニア」と化してお伊勢さんに参詣するつもりなのだが、この脂の乗り切ったツヤツヤ顔は大丈夫だろうか? 肉食を嫌う神様がご立腹されるようなことは、ないよね? 伊勢神宮といえば、全国の神社の大本営、総本山である。津々浦々の神社、ご近所の氏神さまは、支店や出張所みたいなものだ。鳥居をくぐればみんなつながっている。
 それにしても伊勢神宮、名前からして神格の違いを窺わせる。なにしろ「神宮」である。普通は「神社」でしょう。『日本書紀』のなかで、「神宮」と呼ばれているのは、伊勢と出雲と石上の三つだけだそうだ。その後、しだいに伊勢だけが「神宮」として残り、平安時代には、ほぼ神宮=伊勢になった。現在では、「神宮」を名乗る神社は全国にかなりあるが、本来は皇室の遠祖を祀るという意味があったのだろう。とくに伊勢神宮は、六世紀ごろから天皇家の崇拝を受け、ご承知のように、明治以降は国家宗教の中枢として「悪用」される。これは維新政府の意図(首謀者は岩倉具視あたりか?)が大きかったようで、見方によっては被害者であるとも言える。
 このように特別な処遇を受けてきた伊勢神宮だが、歴史をひもとくと、ずっと順風満帆であったわけではないようだ。戦国時代には百年以上も式年遷宮が途絶え、内宮も外宮も荒れ放題という時期もあったらしい。豊臣秀吉による天下統一がなされてから、ようやく内宮と外宮の同年式年遷宮が実施され、これが徳川政権に引き継がれる。そして三代将軍家光のころから、現在のような二十年ごとの遷宮が定着した。昨年はちょうど、この遷宮の年にあたり、伊勢は大いに盛り上がったらしい。芸能人や有名人を巻き込んで過熱し、すっかり観光地化してしまったという話も聞く。そのあたりを善男シニアは冷静に見ていきたい。さて……。
 

 

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

片山恭一 (Kyoichi Katayama)

片山恭一 (Kyoichi Katayama)

ライタープロフィール

小説家。愛媛県宇和島市出身。1986年「気配」にて『文学界』新人賞受賞。2001年刊行の『世界の中心で、愛をさけぶ』がベストセラーに。ほかに、小説『静けさを残して鳥たちは』、評論『どこへ向かって死ぬか』など。

小平尚典 (Naonori Kohira)

小平尚典 (Naonori Kohira)

ライタープロフィール

フォトジャーナリスト。北九州市小倉北区出身。写真誌FOCUSなどで活躍。1985年の日航機墜落事故で現場にいち早く到着。その時撮影したモノクロ写真をまとめた『4/524』など刊行物多数。ロサンゼルスに22年住んだ経験あり。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  2. 2017年9月2日

    第52回 第九を歌う 
     昨晩、LAのダウンタウンにあるウォルト・ディズニー・コンサートホールでベートーベン...
  3. ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...
  4.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  5.  新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る