ハバナドライブ

オープンカーでハバナドライブに出発です!

革命広場

Plaza de la Revolucion

新市街地の中心にあるのがこの革命広場。
5月1日のメーデなどに国家評議会議長の演説が行われる場所で、数十万の市民のよって埋め尽くされます。

広場を囲むように省庁が立ち並び、現在でも行政の中心地となっています。

左からチェ・ゲバラの肖像、カミーロ・シエンフエゴスの肖像、右は広場の中心であるホセ・マルティ記念博物館の塔

ゲバラはの肖像があるのは内務省。

カミーロは情報通信省。

革命広場を見学に来る観光客を乗せたオープンカーがずらり。

ポイント

撮影スポット!

革命広場の壁の肖像をバックに、クラシックなオープンカーと記念写真が取れる最高の撮影ポイントです。

 

カラフルなクラシックカーが列をなしています。

こんな光景見たことない!そして、キューバでしか見ることができない!


海沿いの大通り、マレコン通りを走ります。

風邪がこんなに気持ち良いとは。

「最高ですねーー!!!」と、

隣を走る車の方とお話ししたり。

運転手さんのお友達のドライバーと遭遇したり。(笑)

みんな仕事中にめっちゃ話す笑

 

そしてまた旧市街地に入っていきます。

カリブの風を全身で感じながら走る海沿いを走り、

次から次へとカラフルなクラシックカーが横を走りすぎてく。

思い出してもワクワクするような、最高のドライブでした。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2017年4月2日

    第102回 犬ビジネス
     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  2.  この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  3.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  4.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  5.  普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る