シリーズ世界へ! YOLO③ タイ〜水と仏の国 前編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

お堀沿いに並び、通りかかる車(私たちのジープを含む)やバイクに向かって、水を浴びせる人々Photo © Mirei Sato

お堀沿いに並び、通りかかる車(私たちのジープを含む)やバイクに向かって、水を浴びせる人々
Photo © Mirei Sato

聖水、冷水、泥水の恵み

 お堀の周りには、バケツや、リュック型をした背負うタイプの水鉄砲を売る店がぎっしり並び、子供たちが待ち構えて、バイクや徒歩で通る人たち目がけて放水していた。どう見ても、泥が混ざったお堀の水が「給水源」だ。

 「風邪を引きたくない」「外国人は狙い撃ちされそうだし…」。大半が尻込みする中、私を含めた4人と、ガイドのダーさんが、ジープの荷台に乗った。

 水を満タンにした大きなバケツを二つ、荷台にセットし、水鉄砲と小バケツを買い込んで出発する。前後左右の車も皆、同様の出陣状態だ。

 最初は挨拶程度に軽く水をかけ合っていたが、お堀に近づくにつれ、私たちのうちの一人が、興奮したカウボーイ状態に変貌してしまった。誰彼構わず撃ちまくる彼女は、背が高い上に、なぜか一人だけ用意周到に防水ジャケットを着ている。360度からの仕返し弾は、背が低くノースリーブに短パンという無防備な3人が、ひたすら受けることになった。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 お堀の側から飛んでくる泥水は、冷たいばかりか、目や耳に入ると痛い。懸命によけていると、追い越し車線の側から、恐ろしい冷たさの水を浴びせられた。見ると、大きな氷のかたまりがバケツに入っている。骨の随までしみるとはこのことだ。

 それに比べたら、「自然な」泥水は、ホットシャワーに感じる。氷水を浴びるたび、自分たちのバケツの水をかぶったり、あえて「泥水をかけて」とお願いしたりして体を温め、1時間以上のパレードを乗り切った。

 水かけは、タイ全土で行なわれる。首都バンコクを含め、滞在中あちらこちらで遭遇した。それでも、ユーチューブで見たような完全なる「無礼講」はなかった。一部の繁華街では、音楽に乗って酔っぱらって水を浴びせ合う人たちも見かけたが、大半は悪戯っぽい笑顔の子供たち。「ちょっといいですか」と言いたげに寄ってきて、足下に水をピチャッとかけて、恥ずかしそうに逃げて行く女の子もいた。こちらが少しでも嫌そうな顔をすれば、誰もかけない(ただし、パレードは別)。

 パレードの翌朝、ホテルで読んだ新聞には、「バンコク市内で3471人が集まって、水鉄砲を10分間発し続け、ギネスブック記録を達成」という記事と、「水かけ祭り期間中の交通事故死者は59人、負傷者は976人、去年から半減」という記事が、大きく並んで載っていた。

タイでは、許可なく他人に触れるのはマナーが悪いこととされているが、ソンクラーンではOK?=バンコクの繁華街シーロム通りでPhoto © Mirei Sato

タイでは、許可なく他人に触れるのはマナーが悪いこととされているが、ソンクラーンではOK?
=バンコクの繁華街シーロム通りで
Photo © Mirei Sato

顔に塗られた魔除けの粉は、自然に消えるまで落としてはいけないのだが…。たまらず自分の水鉄砲で顔を洗う男の子=バンコクの繁華街シーロム通りでPhoto © Mirei Sato

顔に塗られた魔除けの粉は、自然に消えるまで落としてはいけないのだが…。
たまらず自分の水鉄砲で顔を洗う男の子=バンコクの繁華街シーロム通りで
Photo © Mirei Sato

1 2

3

4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1.  小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  2. 頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  3. 2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  4.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  5.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る