シリーズ世界へ! YOLO③ タイ〜水と仏の国 前編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

thai-map-txt

チェンマイ情報

首都バンコクからは、飛行機で1時間。車だと9時間、列車では12時間かかる。農業大国でもあるタイは、最近、エコツーリズムに力を入れている。山と田園に恵まれたチェンマイは、理想的な場所といえる。首都バンコクや南のリゾート地プーケットに比べると、外国人観光客の間での知名度はまだ低いが、政府観光庁イチ押しのデスティネーションだ。

Bosang Umbrella Making Center
ボーサーン傘センター

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

花や動物などをカラフルに描いたチェンマイ特産の唐傘。修行僧がビルマ(現ミャンマー)との国境近くで見た技術を持ち帰って伝えたもので、農閑期の収入源になってきた。生産工程を見学しつつ、お土産を選べる。故ダイアナ妃も訪れた。ポーサーンがあるサンカムペーン地区は伝統工芸が盛んで、ほかにシルクの工房などがある。

Night Market
ナイト・マーケット

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

チャンクラン通りに並ぶ露店や土産物店を総称する。Tシャツ、アクセサリー、バッグなど何でも揃う。夕方から賑わい始め、夜11時頃までやっている。屋内&屋外のショッピングモールも。1軒ずつ見ていると、時間がいくらあっても足りない。レストランやバー、マッサージ店も数え切れない。

Mandarin Oriental Dhara Dhevi Chiang Mai
マンダリン・オリエンタル・ダラ・デヴィ・チェンマイ

Photos by Mandarin Oriental Dhara Dhevi Chiang Mai

Photos by Mandarin Oriental Dhara Dhevi Chiang Mai

チェンマイでお薦めのホテルは、なんといっても、「マンダリン・オリエンタル・ダラ・デヴィ・チェンマイ」。24万平方メートルの広大な敷地に、ランナータイ王朝を再現した。建築に使われている装飾品やインテリアは、オーナーが長年かけて収集したアンティーク。つい最近(6月中旬)放映されたABCテレビ「The Bachelorette」のロケに使われたので、見覚えがある読者もいるかも知れない。
ホテル入り口には敵や侵入者が来たことを知らせる橋があり、トラブルがあると銅鑼を鳴らして、遠い内部のロビーに知らせる趣向も。客室は、池と庭に囲まれたスイートや、田園に点在するコテージなどのタイプがある。
敷地内に本物の水田があり、農民が行き交い、毎朝水牛を使って耕す光景も見られる。収穫した米は、近くの学校や寺院に寄付。畑でタイ料理に使う各種野菜を育てており、朝食の素材や宿泊客向けクッキング教室に使われる。文化ツアーやクラフト教室を体験できるほか、屋外劇場もある。

Photos by Mandarin Oriental Dhara Dhevi Chiang Mai

Photos by Mandarin Oriental Dhara Dhevi Chiang Mai

花の香り漂う敷地は、100人の庭師が交代で手入れしている。私たちを案内してくれたマーケティング&コミュニケーション・ディレクターのメイさんは、「覚えることが多くて大変。最初は迷子になった」と言っていた。オーナーは、バンコクで自動車ディーラーをしていたが、タイを襲った通貨危機で一晩にして財産を失い、それを機に、かねてからの夢だった「タイの文化を保存し次世代に伝える」ため、このホテルを作ったそうだ。
タイのお金持ちがソンクラーンの休暇を過ごすような高級リゾートホテル。値段もそれなりだが、せっかくチェンマイまで来たら、ぜひ泊まってみてほしい。
◾️詳細:www.mandarinoriental.com/chiangmai

Le Meridien Chiang Mai
ル・メリディアン・チェンマイ

ロケーションが最高。ターペー門からも近く、土産物屋や飲食店が並ぶナイト・マーケット(左)のド真ん中にある。1歩外に出れば、安いフットマッサージの店が並んでおり、旅の疲れを癒すのに便利。ホテルの朝食は、珍しいペーストリーや、野菜や果物を絞った「ショット」が美味しい。
◾️詳細:www.starwoodhotels.com/lemeridien

旅の情報集めはココ!
Tourism Authority of Thailand
タイ国政府観光庁

チェンマイを含めたタイの観光情報を集めるなら、政府観光庁のウェブサイトがお薦めだ。いつ訪れても楽しいタイだが、少し涼しくなる9月からが本格的な観光シーズン。年末にかけて、伝統ボート競技(9~10月、タイ全域)、象フェスティバル(11月中旬、スリン県)、灯籠祭り(11月末、タイ全域)、世界遺産花火(12月中旬、アユタヤ)などが予定されている。
◾️詳細:www.tourismthailand.org(英語)
www.thailandtravel.or.jp(日本語)

1 2 3 4

5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 日本に251店舗 日本の「いきなり!ステーキ」は、1号店を4年4カ月前にオ...
  2. カリフォルニア州ガーデングローブにオフィスを構えるGK Design International...
  3.  8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  4. アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  5. 自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る