シリーズ世界へ! YOLO⑬
行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica)
〜後編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

南極の「Destiny’s Child」=7日目 Photo © Mirei Sato

南極の「Destiny’s Child」=7日目
Photo © Mirei Sato

Day 7  ︱  12 December 2012

  • 記録時間1900hrs
  • 緯度64˚54′ S/経度60˚46′ W
  • 針路At anchor/速度At anchor
  • 気圧993.3 hPa/風速calm
  • 気温7℃/海面温度5℃

 「Come on to the deck. You’ll definitely want to see this」。朝7時前、興奮気味のドン隊長のアナウンスで目が覚めた。ハンバック・ホエール(ザトウクジラ)の群れが朝食を食べに来ている、という。寝間着の上からジャケットをかぶって甲板へ走った。

 伸び上がってはまた潜り、そのたびに大口を開けて大量のアンタークティック・クリル(南極オキアミ)を飲み込んでゆく。大きな鳴き声がして、ヒレが横倒しになった。その上を海鳥たちがおこぼれに預かろうと舞っている。
 ユーリ・ゴロドニック船長が、気を利かせて船のエンジンを切ってくれた。ダイナミックな朝の饗宴は30分余続いた。なんという1日の始まりだろう。

 朝食を済ませると、ゾディアックに乗り込んでシエルバ・コーブ(Cierva Cove)へクルーズに出かけた。すでに幾つも氷山は見たのに、また圧倒された。氷でできたアーチやトンネル、覗き穴に凱旋門…。「あれ、ギリシャ神話の女神の顔みたい」「いや、アステカの王モンテズマじゃない?」などと皆で名前をつけ合った。
 どれも間もなく氷が融ければ形が変わる、1年後に来ても同じものが見れるわけではない。そう思うと、余計に感動した。

 太陽があって暖かいのに、コーブには粉雪が舞っていた。地球上で南極ほど空気が澄んでいる場所はないそうだ。その通り、結晶が本当にきれいで、手のひらに降りかかる雪はコンペイ糖のようで、一粒一粒がくっきりと見えた。

 氷山に手を伸ばし、つららをポキッと折って食べてみた。南極のグレイシャーの氷には空気がいっぱい含まれていて、そのつららをウィスキーに注ぐと空気が抜け出してパキパキッと音がするそうだ。大昔に形成された氷ほど、音が大きくなる。いつか飲んでみたいと思った。

 大小さまざまな氷山には動物たちが暮らしている。私たちを興味深げに見つめるクラブイーター・シール(カニクイアザラシ)。幸せそうなあくびをして口いっぱいに白い泡をためたレパード・シール(ヒョウアザラシ)。ドーム屋根の形をした大氷山の上では、3匹のアデリーが、コンサート会場のステージでせり上がってきたかのようにポーズをとり、歌い踊っていた。

 船に戻ると、バーベキューランチが待っていた。晴天の甲板で勢いよく肉が焼ける匂いに誘われて、3度もお代わりしてしまった。我ながら、南極に来てからよく食べている。体力を消耗しているせいもあるが、シェフの料理が美味しいことも大きい。

 夕方は、このクルーズを催行する「オーロラ・エクスペディションズ」恒例のポーラー・プランジ大会(Polar Plunge)があった。勇気ある(もしくは無謀な)十数人が、ほぼ裸に近い格好で、船から南極の海へ飛び込んだ。

 勢いよくジャンプしたものの皆2秒ともたず、真っ青になってサウナルームに駆け込んでいく。そんな中で、中国大陸の厳寒地出身というハオだけは、すいすいと海パンいっちょでクロールして見せたのには皆びっくりした(もちろん優勝)。
 そういえば4日目に南極大陸に上陸したとき、ロシア人の船員たちが、女性はビキニ姿、男性は上半身裸になって記念写真を撮っていた。こういうところで「お国柄」「厳寒育ちの強さ」が出るのかも知れない。

 飛び込んだ人に聞いてみると、南極の海の水は思ったよりも塩っぱかったそうだ。
 もう船酔いの心配もなし、凍えて治療する人も出ないと思って安心したのか、ジョン・バリー船医が最後に飛び込んで、大会を締めくくった。

 ウシュアイアを出て7日目の夜。船は初めて、北へ針路を変えた。旅が終わりに近づいている——。誰もが少しずつそう感じ始めていた。
todays_quart-2
 


 

1 2

3

4 5 6
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る