シリーズ世界へ! YOLO⑬
行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica)
〜後編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

死闘=8日目、エレファント・ポイント Photo © Mirei Sato

死闘=8日目、エレファント・ポイント
Photo © Mirei Sato

Day 8  ︱  13 December 2012

  • 記録時間1900hrs
  • 緯度62˚12′ N/経度58˚56′ W
  • 針路At anchor/速度At anchor
  • 気圧993.3 hPa/風速calm
  • 気温4℃/海面温度0℃

 いよいよ南極で過ごす最後の日が明けた。「今日は特別な1日になる」とドン隊長が繰り返した。

 朝5時起床。すぐにゾディアックに乗り、ディセプション・アイランド(Deception Island)へ上陸する。真っ黒い土に驚いた。火山灰だった。
 ここにはかつてノルウェーの捕鯨船やイギリスの観測隊の基地があったが、1968年に火山が噴火して壊滅したのだという。ウェイラーズ・ベイ(Whalers Bay)の入り江には、錆びた鉄くずやドラム缶、崩れかけた小屋が、時が止まったかのように放置されている。

 昨日までいた真っ白で真っ青な南極とは、まったく違う世界。黒茶色の寂しい光景だ。それでもここは南米大陸から近いので、南極の中で最も訪問者の数が多い場所なのだそうだ。私たちが朝5時に起きなければならなかったのも、次のクルーズ船が8時には来てしまうから、だった。

 船に戻って朝食をとった後、最後の上陸がアナウンスされた。エレファント・ポイント(Elephant Point)。厳密に言えば、すでに南極大陸は離れて、ここはサブアンタークティカ(亜南極)圏内のサウスシェットランド諸島の一部になる。

 ずいぶんと大きな岩がゴロゴロ転がっている島だな。近づくにつれてそう思った。ゾディアックを降りて驚愕した。岩は生きていた。そして吠えていた。

 怒れる海獣、サザン・エレファント・シール(ミナミゾウアザラシ)の群れだった。あっちを向いてもこっちを向いても、グルルルルルーッ、グワァーッと、言いようのない咆哮が、白い息となって灰色の海に向かって立ちのぼっていた。私は一瞬足がすくんでしまった。

 成人したオスは体重が3トンにもなる。海岸に寝そべった姿から「デブの怠け者」だと思ったら大間違い。突進力はバッファロー並みだ。水に潜るとさらにすごい運動能力を発揮する。
 オス同士は、命がけで縄張り争いとメスの奪い合いを繰り返す。血走った目で噛みつき合い、体を打ちつけ合って、流血の闘いはどちらかが死ぬまで続くこともある。ビーチマスターと呼ばれる大巨漢になると、一大ハーレムをつくって160匹ものメスを囲う。

 視力も勘も相当なものだ。別のオスがハーレムに侵入しようものなら大変なことになる。油断して近づきすぎると私たち人間にも容赦なく吠えかかり、スタスタッとヒレを動かしてドスドスと走り出す。オスほどではないが、メスも年季の入った睨みをきかせてくる。

 それと対照的に、嘘のようにかわいいのが赤ちゃんたちだ。生後6週間で体長が1メートルに満たない赤ちゃんアザラシは、大人をよけて砂浜に集まっている。私たち人間には、特に親しげだ。まんまるの顔、真っ黒でツルツルした毛皮。ガラス玉のような瞳をうるませて、這いずり寄ってくる。

 「私たちからは手を出さない。砂浜にじっと座るか横たわって、赤ちゃんたちが近づいてくるのを待つだけでいい」とドン隊長。その通りにしていると、足元に来て長靴の匂いをかいだり、膝の上に乗っかってきたりするのだった。
 ドン隊長はこの島に何度も来ていて顔見知りも多いのだろうか。横になるや、赤ちゃんたちの「添い寝攻撃」に遭っていた。ただし、ゲップだけはまともに受けてしまうと相当強烈らしいので、要注意。

 赤ちゃんは1日9キロ増のペースで成長していく。徐々に黒い皮がむけて、茶色と灰色が混ざった体に脱皮していく。人間の世界でもよく言うけれど、「あんなにかわいかった子がどうしてこんな醜い大人に…」と嘆きたくなる。
 ただ、よく観察していると、無邪気な赤ちゃんも何かの拍子でギョロッと目をむくことがある。そうすると目が赤く充血していてビックリする。ふとした仕草で口を開けて鼻をすする瞬間に「やっぱりパパに似てるかも」と思うのだった。

 オスは18歳で生殖行為を始めるが、それから1年で死んでしまうそうだ。死闘も咆哮も、すべては「命短し、恋せよ醜男」ということか。
 オス同士が殴り合っている横で平然と寝ている「妻」もいる。新婚時は気になった亭主の大いびきも、今じゃBGM。これぞエレファント・シール流「愛の形」なのかも。
 
 ジョン博士に聞くと、地球上で一番数が多い哺乳動物は人間で、その次がエレファント・シールだという。案外似ているのかも知れない。

 私たちは飽きることなく、何時間もこの灰色の島で過ごした。南極で、野生動物と心身ともに一番近く触れ合った時間だった。最後の最後に一番すごい体験が待っていた。

 船に戻って、荷づくりを始めた。ユーリ船長からサヨナラのドリンクが振る舞われた。バーは、名残を惜しむ人たちで夜遅くまで賑わった。
 


 

1 2 3

4

5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る