シリーズ世界へ! YOLO⑮
Pura Vida! コスタリカ 後編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

スカーレット・マカウ Photo © Mirei Sato

スカーレット・マカウ
Photo © Mirei Sato

Dominical ドミニカル

 コスタリカの太平洋岸は、カリブ海の熱帯雨林ジャングルや、雲と霧に覆われた高山、火山、ぬかるんだ森とは、まったく別の顔を見せてくれる。
 サベグレ川が太平洋に流れ込む地点から、ちょっと南へ下ったところに、ドミニカルはある。あるというより、寝そべっていると書いたほうがピッタリくる。「サーファーに人気のスポット」と聞いていたので、にぎやかで陽気なビーチをイメージしていた。確かに波は荒い。けれど、どこか寂しげな海岸だ。
 「あ、コスタリカの海軍です」。ツアーガイドが指さすのは、ブルーグレーの空に舞う鳥の群れだった。

 ボートに乗って海へ。いったん沖合に出てしまえば、のんびりしたトロピカルな雰囲気だ。ヤシの木やマングローブの森、ペリカンやホワイト・アイビス(white ibis=シロトキ)…。海から見るコスタリカの国土は、やっぱり緑が多い。山の上には雲や霧がうっすらとかかっていて、それが湿気を運び、緑をさらに濃く豊かにしているのだろう。
 水平線の上を、黄色い蝶がひらひらと飛んでいた。海で蝶を見るなんて、なんだか詩のような世界だ。「てふてふが一匹 韃靼海峡を渡って行った」。中学の国語の授業で習った安西冬衛の詩を、急に思い出した。この蝶はどこへ行くのだろうか。

 海岸沿いをドライブする。牧歌的な風景が続く。アフリカのサバンナに生えていそうな、傘のような形の木の下で、牛や馬が草を食み、牛追いの少年がヒマそうに座っている。
 木々の間をよく見ると、カラフルなスカーレット・マカウ(scarlet macaw=コンゴウインコ)がたくさんいる。
 川沿いの一角に大量のワニが寝そべっていて、そのすぐそばで牛や鳥が群れているのだが、誰も気にしていない様子。ツアーガイドいわく、「ここの川は栄養がいっぱいで、ワニは食べ過ぎ、太り過ぎなぐらい。無理して動物を襲う必要がないから大丈夫ですよ」。
 


 

1

2

3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 2017年8月2日

    勢い vs. 慎重さ
    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例における法的アドバイスが必要な場合...
  3. 2017年7月2日

    第105回 対犬タイプ
    散歩中に、前方から初対面の犬と飼い主が全速力で走り寄って来て、どきどきした飼い主もいるでしょ...
  4. 日本酒とは 日本酒は「米、米麹、水を原料として発酵させてこしたもの」で、かつ「アルコール度...
  5. カリフォルニア州Encinoにオフィスを構えるFujita Research, Inc.のKei...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る