シリーズ世界へ! YOLO⑮
Pura Vida! コスタリカ 後編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

(左上)ランブータンに似た果物マモン(mamon)(中上)コスタリカ人は酸っぱいものも大好き。黄色くて小さい果物ナンシ(nance)は「外国人はやめた方が…」と心配されたが、梅干しに比べたら、なんということはない(右上)イラズ山麓でとれたサワーグアバ。砂糖と水を加えてスムージーにして飲むのがコスタリカ流(下)ドライブインでは、いろいろな食べ物を売っている Photos © Mirei Sato

(左上)ランブータンに似た果物マモン(mamon)(中上)コスタリカ人は酸っぱいものも大好き。黄色くて小さい果物ナンシ(nance)は「外国人はやめた方が…」と心配されたが、梅干しに比べたら、なんということはない(右上)イラズ山麓でとれたサワーグアバ。砂糖と水を加えてスムージーにして飲むのがコスタリカ流(下)ドライブインでは、いろいろな食べ物を売っている
Photos © Mirei Sato

Buen provecho!(ブエン プロベッチョ)
コスタリカをいただきま〜す!

 ほかの国に比べて、コスタリカは「食」で有名な国ではないけれど、おいしいものはいっぱいある。コスタリカの人はたいてい、「シンプルな味付けで簡単に手早く食べられるものが一番!」と言う。
 主食は「ガヨ・ピント」(gallo pinto)だ。いわゆる「ライス&ビーンズ」で、両者を混ぜて炒めたもの。ライスとビーンズを別々にして、肉、サラダ、プランテーンなどを盛り合わせたものを「カサド」(casado)と呼ぶ。組み合わせを変えれば、1日3食カサドでも飽きない。
 コスタリカの女性は、結婚すると、夫婦最初の食事の時に、自分が知っているレシピをすべて作って出す。夫は好きなものだけを選んで食べる。女性はそれを見て、夫が何が好きで何が嫌いか学ぶのだという。作らなければ残されないから無駄もない、という理屈らしい。
 旅の途中、「ソダ」(soda)という看板を見かけたら入ってみよう。食堂という意味で、そこかしこにあり、朝昼晩におやつまで繁盛している。バッフェスタイルで、ショーケースを見ながら好きなものを注文できる店もある。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato


街道沿いの人気店。バッフェスタイルで好きなものを注文。メニューは日替わり Photo © Mirei Sato

街道沿いの人気店。バッフェスタイルで好きなものを注文。メニューは日替わり
Photo © Mirei Sato

 意外においしいのが根菜で、ビーツ(beets)をゆでてマヨネーズであえたものは食べやすい。カッサバ(cassava)やアッラカチャ(arracacha)は、繊維がたっぷりで、揚げるとイモより柔らかい。
 感動したのは、牛タンと、牛レバー&オニオンだ。どちらもアメリカ人が嫌がりそうな食べ物で、信頼できるソウルフードの店か、友達のお母さんの台所にでもいかない限り、アメリカではありつけない。コスタリカでは、メニューに書いていなくても、「レングア・イン・サルサ」(lengua in salsa)と言えば、牛タンをトマトソースで煮込んだ料理を出してくれる店がある。スライスしてオムレツにしてくれる場所もあるそうだ。

フォーチュナの街で食べた、牛レバー&オニオン Photo © Mirei Sato

フォーチュナの街で食べた、牛レバー&オニオン
Photo © Mirei Sato


(左上)エビと蒸したスクワッシュ(右上)フライやグリルにしたシーフードの盛り合わせ(右下)牛タンのトマトソース煮。パン・アメリカン・ハイウエー沿いのソダで。 (左下)スイートコーンのタマーレ「tamal asado」。バナナリーフで包んで、ケーキのように甘い Photos © Mirei Sato

(左上)エビと蒸したスクワッシュ(右上)フライやグリルにしたシーフードの盛り合わせ(右下)牛タンのトマトソース煮。パン・アメリカン・ハイウエー沿いのソダで。 スイートコーンのタマーレ「tamal asado」(左下)。バナナリーフで包んで、ケーキのように甘い
Photos © Mirei Sato

 ほかに見かけたら試してみたいのは「オジャ・デ・カルネ」(olla de carne)。野菜や肉などをぶちこんだシチューのようなもので、風邪を引いたら食べるとすぐ治るとか。ソダでこれを注文している女性を数人見たが、ものすごい量だった。
 酪農大国なのでチーズも豊富だ。ケソ・フレスコ(queso fresco)はアメリカでもおなじみだが、コーントルティーヤに巻いて食べると塩気が強調されておいしい。
 飲み物は、コーヒーが世界的に有名だ。といっても生産量は世界の3%しかないので、量ではなく質で勝負している。コスタリカでは、ディカフェ(de-caf=ケミカルに浸けてカフェインを抜いたコーヒー)なんぞ飲む人はいない。すべて輸出向けだ。
 ホットチョコレートは苦みも含めたカカオ豆のフレーバーを大切にしている。バニラやチリ、コーンパウダー、ブラックペッパー、ナツメグなどを混ぜると、まろやかで飲みやすくなり、カカオの味も引き立つ。

名産のコーヒー。湯気をたてて豆をひく(左上)カカオ豆(左下)の味を最大限に楽しんで飲むホットチョコレート(右) Photos © Mirei Sato

名産のコーヒー。湯気をたてて豆をひく(左上)カカオ豆(左下)の味を最大限に楽しんで飲むホットチョコレート(右)
Photos © Mirei Sato


 

1 2 3

4

5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1.  昨年、日本で公開された時から待ち望んでいた映画がある。18歳で嫁いだ主人公すずの戦前と戦時...
  2. 今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手として五輪出場を狙っているのはジェイ、ケビン、ミックのリザランド兄弟。3人ともジョージア大学2年生の20歳。三つ子の選手だ。
  3. Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  4. 前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  5. カリフォルニア州アーバインにオフィスを構える食品自動生産機械の販売会社RHEON U.S.A.のプレ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る