シリーズアメリカ再発見⑲
春節爆発ラスベガス&ストリップ最新情報

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

vegas kanko

ラスベガスの繁華街ストリップ周辺では、今年の春をメドに完成する大型プロジェクトが幾つかあり、夏を迎える頃までにスカイラインがだいぶ変わるだろう。旧正月を過ごすのにぴったりの場所、アジアのはじけた感じを味わえる場所などを交えて、ストリップの最新情報を紹介する。

NEW PROJECTS

The LINQ
www.TheLINQ.com

Caesars Entertainment

Caesars Entertainment


Caesars Entertainment

Caesars Entertainment

「クアッド」と「フラミンゴ」の間、「シーザーズ・パレス」の向かいに建設中の大型プロジェクトで、今年春にオープン予定。もとは通路だった場所に、オープンエアのショッピングとダイニング、エンターテインメントの複合施設ができる。
目玉は、高さも大きさも世界最大級を誇る観覧車「Las Vegas High Roller」(大金を賭ける人、の意味)だ。ロンドンの「Eye」や、シンガポールの「Flyer」をも超える。
1台に最大40人乗れて、1周するのに30分かかる。ガラス張り。高さ550フィートから眺めるストリップの夜景は格別に違いない。貸し切ってパーティーやウェディングにも使える。
LINQ開発を手がけるのは、ロサンゼルスの「The Grove」と同じ開発業者。入居する約30店舗のほとんどが、ラスベガスには初進出。ロサンゼルス生まれのブランドも多く、セレクトショップ「Kitson」が全米最大規模の店舗を出すほか、レストラン「Yard House」も入る。
すでに一部の店舗は12月末にオープンし、営業している。雑貨ショップ「KOTO」は、日本語で遊んだ店名。
話題になりそうなのが、ニューヨークからくる「Brooklyn Bowl」だ。ボウリングをしながら飲食ができ、ショーも見られる新しいタイプのライブハウスになる。

The Cromwell
www.thecromwell.com

Caesars Entertainment

Caesars Entertainment

かつての「Bill’s Gambling Hall」の跡地に、ストリップ初の「高級ブティックホテル&カジノ」が今春オープンする。全188室。パリのロフトをイメージしたつくり。TVでおなじみのシェフGiada De Laurentiisが初めて開くレストラン「GIADA」が入る。ベラージオの噴水を見ながら新鮮なパスタを。屋上にはナイトクラブ「Drai’s After Hours」がオープンする。

Bally’s Las Vegas Hotel & Casino
www.ballyslasvegas.com

Caesars Entertainment

Caesars Entertainment

ストリップの「古参」として伝統をかたくなに守ってきた「バリーズ」だが、モダンに改装する工事が1月から進んでいる。
ラスベガスで最も長く続く定番のショー「Jubilee!」も、内容刷新を図り、現在は休演中だ。新しい振り付けやナンバーを取り入れて、春に再開する予定。
今年秋に「The Grand Bazaar」もオープンする。中東やアジアにある屋外バザールをイメージし、屋台やショップが並ぶ。ファーマーズ・マーケット的な役割も担う。

ENTERTAINMENT

“Le Reve The Dream”
www.wynnlasvegas.com/Shows

Photos Courtesy of Wynn Las Vegas

Photos Courtesy of Wynn Las Vegas

ラスベガスのNo.1ショーに3年連続で選ばれている「Le Reve」(ル・レーブ)。夢と愛がテーマで、空中アクロバットに水や火をふんだんに使った幻想的なショー。
パフォーマーは世界各国から集まり、元オリンピック選手もいる。日本人の元シンクロナイズドスイミングの選手も2人出演し、活躍している。
開幕から9年目の今年、初めて「バックステージ・ツアー」を始めた。ガイドつきで約1時間、舞台裏や楽屋を見学する。本番前の練習に打ち込むパフォーマーや、衣装を縫い直すスタッフが見られることも。最深27フィート、110万ガロンの巨大なプールをのぞきこむ。チケットは249ドルで「VIP Experience」のパッケージとなり、本公演の特別席も含まれる。
ツアーは4~5pm。ショーは金~火7pm&9:30pmの2回公演。水木休演。

“Britney: Piece of Me”
www.BritneyPieceofMe.com

Caesars Entertainment

Caesars Entertainment

永遠のアイドル、ブリットニー・スピアーズがついにラスベガスに登場。「プラネット・ハリウッド」で、1月から2年間の予定でショーを続ける。熟年歌手が多いストリップで、最盛期が過ぎたとはいえ、世界的に有名なポップスターが常駐してショーをもつのは珍しい。
ショーの出来については賛否両論あるようで…。「スプレーでお腹を描いてウェストがくびれたように見せているのがアリアリだった」「2児の母なんだからいいじゃない」「歌が全部口パクなのが残念」「でもダンスはものすごく頑張ってる」などなど、ラスベガスのどこでもこのショーの感想で持ち切りだ。彼女のヒット曲を聞いて育った人が多いのだろう。お騒がせな面も含めて、男性にも女性にもゲイにも好かれているブリットニー。ショーは今のところ、満員御礼が続いているようだ。

“KÁ”by Cirque du Soleil
www.mgmgrand.com/entertainment/ka-cirque-du-soleil-show.aspx

Eric Jamison / Cirque du Soleil

Eric Jamison / Cirque du Soleil

昨年6月、本作の公演中に舞台から落下したパフォーマーが死亡するという、シルク・ドゥ・ソレイユ始まって以来のショックな事故があった。原因調査のためにしばらく休演になっていたが、再開した。事故の影響で、終盤の戦闘シーンを、生身のアクションから映像によるパフォーマンスに変更している。
主役級を演じているのは、日本人のバトントワラー、ノリコ・タカハシさんだ。

1 2

3

4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る