シリーズアメリカ再発見⑲
春節爆発ラスベガス&ストリップ最新情報

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

Courtesy of The Cosmopolitan of Las Vegas

Courtesy of The Cosmopolitan of Las Vegas

 ラスベガスが旧正月を祝うのは今年が初めてではない。1990年代から始まったが、最近は参加するリゾートホテルの数が増え、特に高級ホテルが大金をつぎ込んで装飾の豪華さを競うようになった。
 もちろん背景には、急増する中国人観光客を呼び込もうという狙いがある。

 経済成長と旅行規制緩和で、海外旅行をする中国人の数は急増中。今年初めて、1億人を突破する見通しだ。商務省などのデータでは、2012年にアメリカを訪れた中国人観光客は前年比35%増の150万人。2020年には、3倍以上の570万人になると見られている。
 旧正月は中国人にとって一番大切な祝日で、この時期に旅行する人はさらに増える。中国本土だけでなく、香港や台湾、ベトナムなど旧正月を祝うアジアのほかの国からも訪問者が見込めるし、アメリカやカナダに住む中国系の移民たちも同様だ。

 そんなわけだから、ラスベガスも燃える。大手リゾートホテルの関係者に聞くと、「ラスベガスの旧正月の準備は15カ月前から始まる」という。ただ派手にそれっぽく見せればいいというものではなく、中国人が見たときに失礼に当たらないように、飾りやメニューに縁起が悪い数字や文字を入れないといった気配りもしている。

 「中国人観光客=チープな団体おのぼりさん」と思っていたら大間違いだ。1回のアメリカ滞在で、中国人観光客が費やす金額は平均5948ドル。外国人旅行者全体の平均4370ドルよりだいぶ高い。ラスベガスの超高級ブランド店は、中国人向けのサイズや好みのカラーの商品をしっかり揃えて待っている。

 人生は今よりもよくなるという前向きな消費意欲と上昇志向で、世界各地の経済を生き返らせている中国人。数年前、東京・銀座のガラガラのデパートで、沈み込む日本人を横目に、元気に買い物しまくってくれていたことを思い出す。
 ラスベガスは、リーマン・ショック後の最悪な状態を抜け出し、活況を少しずつ取り戻している。カジノの収益だけで食える時代は終わり、ストリップからは激安ホテルが姿を消した。高級ナイトクラブやショッピングなど多様な魅力で新しい顧客層に売り込み中のラスべガスと、中国人観光客。両者のムードが、うまくかみ合っているようだ。

 来年は「羊年」。どんなデザインになるのか、リゾートホテルの人に聞いてみると…。「It’s definitely going to be bigger and better!」。昨今のアメリカではなかなか聞かれない、元気な答えが返ってきた。


取材協力/Special thanks to Las Vegas Convention and Visitors Bureau

1

2

3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る