シリーズアメリカ再発見㉑ 飛翔!グランドキャニオン・ウェスト

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

Photo © Mirei Sato

グランドキャニオン・ウェストのシンボル、スカイウォークPhoto © Mirei Sato

 午後2時半、ボートを降りた。水からあがると、ヘリコプターが待っている。今度は空へ。くだってきたコロラド・リバーを見下ろす。快適な数分の飛行。グランドキャニオンのてっぺんに着く。

 イーグルポイントという見晴らし台へ向かった。なぜそう呼ばれるのかは、行けばすぐに分かる。尾根にイーグルが羽を広げて休んでいるような、すばらしい岩の彫刻だ。イーグルの体からグランドキャニオンが生まれているようにさえ見える。

 観光客は、思い思いにセルフィーを撮っている。キャニオンのふちに腰かけて、イーグルのように両手を広げてポーズする人も。ただし自己責任で。すべって落ちたらサヨウナラ。

 自然がつくったワンダーを眺め飽きたら、人間がつくったワンダーへ。ここには「スカイウォーク」がある。谷底から4000フィート。空中にU字型に70フィートも突き出した、ガラス張りの通路だ。床もガラスだから、谷底がよく見えて、何度か足がすくんだ。

 グランドキャニオンの「王道」は、ノースリムとサウスリムだ。でも、谷底から、泥水の中から、空中から、てっぺんから、イーグルの背に乗って、グランドキャニオンと自分が一体化するような体験ができるのは、ここウェストリムならではだろう。

 夜は、ロッジのレストランで、クリントと彼の友人たちを囲んでディナー。カロリーたっぷりのフアラパイ・タコスと、ビーフやトマト、ポテトをゴロゴロ煮込んだフアラパイ・シチューで、疲れ切った体を温めた。

 私たちのボートと並走して、フアラパイのフォトグラファーが急流くだりの様子を撮影していた。USBに編集してくれたアルバムを、みんなで鑑賞。おののき引きつった自分たちの顔に、大笑いした。

 明日もう1度やりたいかと聞かれたらちょっと困ってしまうけれど…。一生忘れないだろう、楽しくて恐怖いっぱいの思い出になった。
 


 

1 2 3

4

5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る