シリーズアメリカ再発見㉑ 飛翔!グランドキャニオン・ウェスト

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

恐怖の急流くだりが始まった...

恐怖の急流くだりが始まった…

 コロラド・リバーの川くだりは、全長40マイル。最初の12マイルが、スリル満点のアドベンチャーだと聞いていた。

 「ここの急流はレベル1から10まで。今日は3から7までいきますよ」とクリント。え、ちょっと待ってよ。心がのけぞった。

 以前、コスタリカの川くだりでレベル3を体験したことがある。基本はボートのふちに腰かけて前傾姿勢のまま渦を乗り越えるのだが、どうしてもダメなときはボートの中にしゃがみこんで頭を抱えてじっと耐えましょう、と教わった。レベル3では、私はほとんどうずくまっていた。ここでは、あれが一番やさしいレベルになるということ?

 クリントをはじめ、ボートを操る船頭さんは、厳しい訓練を受けたフアラパイの若者たちだ。信頼するしかない。

 ボートはゆっくりコロラド・リバーをすべり出した。前方に、ジャブジャブと茶色い波がたっている。「いきますよー」。ものすごい衝撃とともに、ボートのへさきが浮き上がって、落ち、浮き上がっては落ち、ドシャンと水がかかった。コスタリカのレベル3の倍以上はある。

 レベル5はさらに強烈だった。洋服の上からポンチョをかぶっていたが、ビニールなど水の力の前には無力。すぐに裂けて、耳の中に水が入ってきた。

 泣けばいいのか、笑えばいいのか。中国人もブラジル人もフランス人も、顔を見合わせて、出てくる言葉はみな同じ。「Oh my god…」。

 先頭に座ってしまった2人は、一番はじめに一番まともに波を受け、一番深くまで沈むことになる。かなり勇敢だった。一番小柄な2人は、ボートのふちに座っていることができず、ボートの底にしゃがみこむ方を選んだのだが…。そこはいわば湯船というか、滝壺というか。要は、どこに座っても逃げ場はないのだ。

 ギャーーと絶叫しては息を止め、絶叫しては息を止め。ジャンプのたびに体を硬直させて、水の殴打に耐える。修行のような渦がどれぐらい続いたか。

 最後の最後、レベル7で、かけていたサングラスが吹っ飛んだ。前日、「メガネと帽子は必ずヒモつきで」と注意され、売店で買っておいたおかげで、首に巻きついてくれていた。ただ、ボートのふちをつかむ手からは、力の入れ過ぎでツメが半分なくなっていた。

 レベル7を突破して、これで終わった、と放心した私たち。笑顔に戻りかけたところで、クリントの動きが怪しい。ボートは向きを変えて後ろに戻っているような。くぐり抜けたはずの急流の渦がなぜか前方に見えている。「もしかしてまた?」と言い終わらないうちに、にやっと笑ったクリントを見たのが最後。私たちは再び、濁流の中に沈んでいった。
 


 

1

2

3 4 5
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る