シリーズアメリカ再発見㊱
Old is New… フロリダ デイトナビーチ

文&写真/佐藤美玲 (Text and photos by Mirei Sato)

De Leon Springs / デ・リヨン・スプリングス

 フロリダには州全体で約170カ所の州立公園がある。その多くが、水に関係している。
 デイトナビーチとオーランドの中間にある「デ・リヨン・スプリングス州立公園」は、天然の泉が有名だ。セント・ジョンズ・リバーの川底から、毎日1900万ガロンが湧き、流れ出ている。
 水温は年間通して華氏72度と快適だ。だから冬になると、温かい水を求めて、海からマナティーがここまで泳いでやってくる。ワニやラッコ、ヘロンもいる。
 濃い緑のオークツリーに、スパニッシュ・モスが垂れ下がる、南部特有の風景だ。
 公園の入り口には、「永遠の若さを約束する泉」なるプールがある。自分たちを「マーメイド」(人魚)と呼び、毎日ここへ来て飛び込んで泳ぐシニアのグループがいるとか。
 先住民がこのあたりに住み着いたのは6000年前ぐらい。19世紀にはいると白人の入植者が来て、フロリダの奴隷制経済を支えたサトウキビや綿花のプランテーションに変えていった。セミノール族は追い出され、プランテーションも焼けてなくなった後、ウィンターリゾートとして開発された。
 19世紀後半にできたリゾートには、ホテル、ラウンジ、ダンスクラブ、スキューバダイビング教室、ジャングルクルーズなどの施設があった。当時の写真を見ると、「サンシャイン・サリー」という名のメスのゾウが披露する水上スキーが、観光客を引き寄せる目玉のショーだったようだ。今なら、「動物虐待」として大批判を浴びることだろう。
 一種の「テーマパーク」の走りだったのだろうが、オーランドに「ウォルト・ディズニー・ワールド」ができて、廃れてしまった。栄枯盛衰、というべきか……。
 ただ、大昔から泉を聖地と生計の拠り所にしていた先住民にしてみれば、ゾウの水上スキーこそ、とんでもないものだったはず。おごれる者は久しからず——、である。
 公園内の掲示板は、ちょっとではあるが、セミノール族の激しい抵抗の歴史にも触れている。


1 2 3

4

5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る