シリーズアメリカ再発見㊱
Old is New… フロリダ デイトナビーチ

文&写真/佐藤美玲 (Text and photos by Mirei Sato)

Historic Downtown / ヒストリック・ダウンタウン

 デイトナビーチのダウンタウンへ向かった。目抜き通りのビーチ・ストリートに沿って、小さな商店が並ぶ。
 ここはデイトナビーチの歴史的地区で、建物の色からして古びた感じがする。静かで、車も人もあまり通らない。
 街路に並んだパームツリーが、夕日を浴びて美しい陰影をアスファルトに落としている。芸術作品のようだ。
 カフェやレストランはあるけれど、外から見ると営業中なのかもわからない。フロリダでは、一般的に夕食が早いという。「ディナーは5時から」などと言われることもあり、都会や外国人の感覚ではちょっと考えられない時間設定だ。フロリダ育ちの友人に聞いてみると、「午後から夕方にかけてスコールが降って、5時頃にはディナーを始めて、9時には消灯かな」。そんな生活のペースが似合うのが、「フロリダ・ライフ」ということらしい。
 ビーチ・ストリートに並行して、ハリファクス・リバーが流れている。消防署の裏手に小さなマリーナがあって、ボートが停泊していた。
 その向かいに、けっこう立派な野球場があった。ジャッキー・ロビンソン・ボールパーク。黒人初の大リーガーとデイトナビーチ、どんな関係があったっけ、と考えてみたが思いつかない。
 調べてみると、1946年、ロビンソンが最初にマイナーリーグの春季キャンプでプレーしたのが、ここデイトナビーチだった。当時ロビンソンは、ブルックリン・ドジャース傘下のモントリオール・ロイヤルズに所属していた。れっきとした「南部」で、独特の人種差別が残るフロリダ。ほかの街が試合開催を拒否する中、デイトナビーチが受け入れた。
 その誇りが、球場名として受け継がれ、入り口にはロビンソンの銅像も建つ。ベスーン・クックマン大学の野球部と、マイナーリーグのデイトナ・トートゥガの本拠地でもある。夏の間は、ほぼ毎晩、夕暮れどきからゲームが始まる。
 川の上に渡した電線ケーブルに、釣りで使う疑似餌と釣り糸の切れはしが、いっぱいぶら下がっていた。まるで、ニューヨークやロサンゼルスの街の電線に引っかけたスニーカーみたい。都会の「電線スニーカー」は、ギャング抗争などで若くして死んだ仲間を悼む、一種の葬送の儀式だ。
 もしかするとデイトナビーチでは、釣りにからんだ「アーバン・レジェンド」があるのかしら、と興味がわいたが……。地元の人に聞いてみると、「えぇ? ただ単に釣りがへたくそで引っかけちゃう人が多いのよ」と言われてしまった。


1

2

3 4 5 6
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る