シリーズアメリカ再発見㊱
Old is New… フロリダ デイトナビーチ

文&写真/佐藤美玲 (Text and photos by Mirei Sato)

Boardwalk / ボードウォーク

 デイトナビーチへ戻る。人出が一番見込める、木の桟橋、「ボードウォーク」へ行ってみた。
 観覧車やジェットコースター、絶叫系のアトラクション。モーテルに、土産物屋。フロリダの多くのビーチリゾートに共通することだけれど、ここも、盛りを過ぎた避暑地、という印象が否めない。
 それでも夏の土曜の夜、9時から花火が上がるというので、若者たちが繰り出してきた。といっても、ドリンク片手に砂浜を歩いたり、桟橋の欄干に立ち止まったりする程度。のんびりとしたものだ。
 水着メーカーのジャンセンのシンボル、「ダイビング・ガール」が、水着屋らしき店の屋根に「飛んで」いる。1965年からここにあるらしい。ワンピースのデザイン、色合いといいセクシーさ加減といい、古い……。が、なぜか目が離せない。
 デイトナビーチの沿岸は、ウミガメが巣作りする場所として保護されている。特に5〜10月は産卵期で、ホテルやコンドミニアムも海岸への直接照明は禁止されている。出産子育て中のウミガメを刺激しないように、という配慮だ。
 だから、これぐらい、のんびり静かがちょうどいいのかも知れない。砂浜でカーレースが行なわれていた時代には、ずいぶん多くのウミガメが犠牲になったとも聞いたし……。
 ポーン、ポーンと、紫や赤の花火が舞う。その音を遠くに聞きながら、こんな「色あせた」休日も、悪くないなと思った。


1 2 3 4

5

6
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る