シリーズアメリカ再発見㊱
Old is New… フロリダ デイトナビーチ

文&写真/佐藤美玲 (Text and photos by Mirei Sato)

Boardwalk / ボードウォーク

 デイトナビーチへ戻る。人出が一番見込める、木の桟橋、「ボードウォーク」へ行ってみた。
 観覧車やジェットコースター、絶叫系のアトラクション。モーテルに、土産物屋。フロリダの多くのビーチリゾートに共通することだけれど、ここも、盛りを過ぎた避暑地、という印象が否めない。
 それでも夏の土曜の夜、9時から花火が上がるというので、若者たちが繰り出してきた。といっても、ドリンク片手に砂浜を歩いたり、桟橋の欄干に立ち止まったりする程度。のんびりとしたものだ。
 水着メーカーのジャンセンのシンボル、「ダイビング・ガール」が、水着屋らしき店の屋根に「飛んで」いる。1965年からここにあるらしい。ワンピースのデザイン、色合いといいセクシーさ加減といい、古い……。が、なぜか目が離せない。
 デイトナビーチの沿岸は、ウミガメが巣作りする場所として保護されている。特に5〜10月は産卵期で、ホテルやコンドミニアムも海岸への直接照明は禁止されている。出産子育て中のウミガメを刺激しないように、という配慮だ。
 だから、これぐらい、のんびり静かがちょうどいいのかも知れない。砂浜でカーレースが行なわれていた時代には、ずいぶん多くのウミガメが犠牲になったとも聞いたし……。
 ポーン、ポーンと、紫や赤の花火が舞う。その音を遠くに聞きながら、こんな「色あせた」休日も、悪くないなと思った。


1 2 3 4

5

6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る