Vrbo Japan

第136回 I.D Theft保険(個人情報漏洩保険)

文/安岡忠展(Tadanobu Yasuoka)

 

Identity Theftとは?

 インターネットの普及により、個人情報漏洩による被害が近年急増しています。被害の多くは、クレジットカード番号やソーシャルセキュリティー番号などの個人情報を使い既存のクレジットカードの悪用や、新規にクレジットカードを作成したり、ローンを申請したりする方法です。新規にクレジットカードやローンを申請された場合は、不正に気付くまでに時間がかかる場合もあり、気付いたときには自分のクレジット歴に未払いなど不利な記録が残ってしまうこともあります。クレジット歴を修正するのは簡単ではなく、多くの時間を費やし、時には弁護士を使わなくてはなりません。
 

犯罪の手口は?

 
 昔からの手口は、拾ったり盗んだりした財布からクレジットカードを盗む、ゴミ箱や郵便受けからクレジットカードのステートメントなどを盗むといった方法です。しかし最近はインターネットの普及によりハッカー行為で盗み出したり、フィッシングという手法でEメールやウェブサイトから個人情報を盗み出したりする手口もあります。ATMやガソリンスタンドのカードの挿入口に特別な装置を取り付けて番号を読み込む手口も多発しています。自分で気を付けていても、情報漏洩を防げないこともあります。情報を持っている会社から自分の個人情報が漏洩される危険性も多くあります。
 

Identity Theft保険とは?

 
 この保険は不正行為によるクレジット歴の修復費用などをカバーするものです。保険会社によってカバー内容が違いますが、ここではその中の1社の保険内容を紹介します。

クレジット歴を修復するために費やす次のような費用や時間を25,000ドルまで補償。
  収入補償(1週間につき1,000ドルまで、最高5,000ドルまで)
  弁護士費用
  子供の託児所、老人の介護費用
  公証費用、書留郵便費用
  ローンの再申し込み費用
  長距離電話の費用

 さらに、三大クレジットレポート会社からの無料クレジットレポート、レポート会社への詐欺被害報告、6カ月間のクレジット監視サービス、修復の専門家によるアドバイスなども含まれます。この保険会社のこの保険内容の場合、年間25ドルで加入できます。これは単独で加入するのではなく、ホームオーナー保険、コンド保険、レンター保険などの特約として追加する方法で加入します。家をお持ちでない方はレンター保険に加入するとこの保険も追加できます。既に家屋保険に加入されている方はIdentity Theft保険を途中から追加することも可能です。すべての保険会社で販売されているわけではないので、詳しくはエージェントに問い合わせてください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

安岡忠展 (Tadanobu Yasuoka)

ライタープロフィール

全ての保険を取り扱う総合保険代理店「ダイワ保険代理店」代表。顧客の保険代理人として「お客様にとってベストなプラン」を提供する。目標は「全ての保険を取り扱うことでお客様のニーズを把握し、生涯のパートナーとしてお付き合いいただくこと」。

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  2. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  3. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  4. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  5. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  6. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  7. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  8. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
ページ上部へ戻る