アメリカ エネルギーロードを往く
ニューメキシコ編

文&写真/水島伸敏(Text and photos by Nobutoshi Mizushima)

 

ハイデザートと呼ばれるニューメキシコ特有の風景 Photo © Nobutoshi Mizushima

ハイデザートと呼ばれるニューメキシコ特有の風景
Photo © Nobutoshi Mizushima

 州の南部、メキシコとの国境近くの小さな街を通るたびに、やたらとボーダーパトロールの車とすれ違った。ニューメキシコ州は、もともとはネイティブアメリカンが多く住む土地で、スペインの植民地としての長い歴史を経て、メキシコ、アメリカとなった。今でも多くのネイディブ、スペイン系、メキシコ系、ヨーロッパ系の人たちが混ざり合って暮らしている。

 今、そんなニューメキシコではハイデザートの広大な土地と強い日差し、降水量が少ないことなどを理由にアメリカの太陽光発電の中心地になろうという動きがある。州の北部には260エーカーの広大な敷地に太陽光ファームの建設が始まっている。南部のこのあたりでもいくつかの太陽光ファームを見ることができた。小さなパネルを低く敷き詰めているところや、何個もパネルをくっつけた大型のものまで色々ある。

 何もない道がしばらく続き、メサと呼ばれる丘と丘の谷間にさしかかった時に、ウインドファームが出てきた。よく見ると白いタービンの下の敷地には太陽光パネルが並んでいる。そこを過ぎたところにバーがあったので、休憩しようと立ち寄った。あいにくバーは閉まっていたが、しばらくウロウロしているとバーの主人らしき人がでてきた。

 隣の大きな敷地にウインドファームが建てられたのは5年ほど前だと教えてくれた。そして、去年、ウインドファームの敷地に太陽光パネルが設置され、今年はさらに倍以上の太陽光パネルが設置される予定だという。主人のトーマスさんは定年後、生活のために週3、4日だけバーを開けている。この辺りも電力会社に土地を売ったり貸したりして、リッチになった人がいるというのに彼はそうでもなさそうだ 。彼にこの土地を売ったりしないのか尋ねてみると、俺はいいよと首を振った。辺りをゆびさしながら、ここのやつらはみんな良い奴だと言う。そしてなにより、ここに住むのが好きだと言った。数マイルは誰も住んでいないような場所で、彼は簡単にそう答えた。お金や便利さよりも優先したその何かを想像してみた。
 


 

1

2

3 4 5 6
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  2. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  3. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  4. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  5. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  6. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  7. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  8. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
ページ上部へ戻る