アメリカ エネルギーロードを往く
ニューメキシコ編

文&写真/水島伸敏(Text and photos by Nobutoshi Mizushima)

 

ハイデザートと呼ばれるニューメキシコ特有の風景 Photo © Nobutoshi Mizushima

ハイデザートと呼ばれるニューメキシコ特有の風景
Photo © Nobutoshi Mizushima

 州の南部、メキシコとの国境近くの小さな街を通るたびに、やたらとボーダーパトロールの車とすれ違った。ニューメキシコ州は、もともとはネイティブアメリカンが多く住む土地で、スペインの植民地としての長い歴史を経て、メキシコ、アメリカとなった。今でも多くのネイディブ、スペイン系、メキシコ系、ヨーロッパ系の人たちが混ざり合って暮らしている。

 今、そんなニューメキシコではハイデザートの広大な土地と強い日差し、降水量が少ないことなどを理由にアメリカの太陽光発電の中心地になろうという動きがある。州の北部には260エーカーの広大な敷地に太陽光ファームの建設が始まっている。南部のこのあたりでもいくつかの太陽光ファームを見ることができた。小さなパネルを低く敷き詰めているところや、何個もパネルをくっつけた大型のものまで色々ある。

 何もない道がしばらく続き、メサと呼ばれる丘と丘の谷間にさしかかった時に、ウインドファームが出てきた。よく見ると白いタービンの下の敷地には太陽光パネルが並んでいる。そこを過ぎたところにバーがあったので、休憩しようと立ち寄った。あいにくバーは閉まっていたが、しばらくウロウロしているとバーの主人らしき人がでてきた。

 隣の大きな敷地にウインドファームが建てられたのは5年ほど前だと教えてくれた。そして、去年、ウインドファームの敷地に太陽光パネルが設置され、今年はさらに倍以上の太陽光パネルが設置される予定だという。主人のトーマスさんは定年後、生活のために週3、4日だけバーを開けている。この辺りも電力会社に土地を売ったり貸したりして、リッチになった人がいるというのに彼はそうでもなさそうだ 。彼にこの土地を売ったりしないのか尋ねてみると、俺はいいよと首を振った。辺りをゆびさしながら、ここのやつらはみんな良い奴だと言う。そしてなにより、ここに住むのが好きだと言った。数マイルは誰も住んでいないような場所で、彼は簡単にそう答えた。お金や便利さよりも優先したその何かを想像してみた。
 


 

1

2

3 4 5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る