アメリカ エネルギーロードを往く
ニューメキシコ編

文&写真/水島伸敏(Text and photos by Nobutoshi Mizushima)

 

実験用に建てられた各社のソーラーファーム(ロスアラモス) Photo © Nobutoshi Mizushima

実験用に建てられた各社のソーラーファーム(ロスアラモス)
Photo © Nobutoshi Mizushima

 タオスに向かう途中、ロスアラモスの街に寄った。実はこの街で、2012年から2年間ほど日本の大手企業や政府が協力して日米共同の一大エネルギープロジェクトが行われていた。このスマートグリッドプロジェクトに参加したアメリカ側の責任者の一人、ジュリアンさんに話を聞かせてもらった。

 ロスアラモスの住人の協力で、スマートグリッドハウス(Smart grid house)やスマートメーター(Smart meter)を使ったいくつかの実験が行われた。その一つは時間別の値段設定やフラットレートなど、どのようなプランが一番家庭のエネルギー消費と家計を抑えるか、という研究だった。この実験は一人一人のエネルギーに対するマインドの向上にも繋がったという。

 プロジェクトのメインとなったスマートグリッドハウスとは、設置された太陽光パネルとバッテリーにより、そのエネルギーを余すことなく使い、あとの時間は、他の最適なエネルギーを自動的にコンピューターが選択するといったシステムだ。そして、その結果、環境にも良くなるという優れものなのだ。このシステムは今、ニューメキシコでは空港や大学ですでに実践され、私たちの生活とエネルギー問題の両方を支え始めている。

 ジュリアンさんが言うには、近い将来、世界中の街にこのような設備が必要になるという。無駄なエネルギー消費を抑え、環境にもいい街づくりという素晴らしい構想。そして、今回のようなプロジェクトの成功を通して、日本の企業や政府が世界をリードすることになるという。

 実験のために設置された1Mwの太陽パネルやバッテリーが残っていた。これらの設備やスマートメーターはこれからも各家庭で使われていくらしい。ここまで大規模なスマートグリッドの実証実験は日本ではまだ行われていない。どうして国内でやらなかったのだろう。日本の名だたる大企業が日本の製品をつかって実験するのに、なぜアメリカの政府やこの街の協力が必要だったのか。このプロジェクトには莫大なお金が日本政府やそれら企業から流れているのも事実だ。結果がどうであれ、何かはがゆさも残る。
 


 

1 2 3

4

5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る