タクシー運転手の指紋を採取
犯歴調査でボストン市警

Photo © Alan Levine

Photo © Alan Levine

 ボストン市警はこのほど、すべてのタクシー運転手を対象に犯罪歴調査のための指紋採取を始めた。ウーバーやリフトなど携帯アプリを使った配車サービスのドライバーも含まれ、両社は採取に反対している。
 ボストン・グローブによると、市警に指紋を使った犯歴調査を認めるボストン市の条例案は昨年提出され、ライセンスを持つ市内のタクシー・ドライバー全員に、毎年のライセンス更新手続きの1つとして指紋の提出を義務付ける内容が盛り込まれた。
 ウィリアム・エバンス市警本部長は「ボストン市民はタクシー会社を信頼し、タクシーに乗る時はいつも安全に目的地に行けると思っている。指紋の提出は、確実にそうなるために警察ができることの1つ」と話している。
 タクシーやハイヤー業界はこれを歓迎し、ウーバーやリフトのドライバーも従うべきだと主張しているが、両社は「運転手にはすでに第三者による経歴調査を行っているため、指紋の提出は不要」と反発。「指紋を出せば、逮捕されたが有罪にはならなかったドライバー候補を差別する恐れがある」と主張している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  2. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  3. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  4. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  5. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  6. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  7. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  8. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  9. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  10. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
ページ上部へ戻る