アダルトショップ、OKです

ニューヨーク市、裁判所が規制却下

Photo © frankieleon

Photo © frankieleon

 ニューヨーク市では、レストランや化粧品ブランド店、ギフトショップなどに紛れて、多くの「アダルトショップ」が営業している。

 市は20年以上にわたってこうした店の取り締まりを強化してきたが、一部の店はしぶとく生き延びてきた。

 そしてついに7月、マンハッタンの裁判所は、これらの店にも営業する権利があるとの判決を出した。

 ニューヨーク・タイムズ(7月22日付)によると、判決では、アダルトグッズや性的なサービスがその店で取り扱う商品の40%を超えない限り、アダルトビデオショップや、トップレスのダンスクラブなどは、合衆国憲法修正第1項の表現や宗教の自由によって保護される、とした。

 アダルトショップ側は、言論の自由を主張して、人通りの多い地区からこうした店を締め出そうとする市と、法的に激しく争ってきた。今回の判決は、アダルトショップ側の勝利と言える。

 かつてマンハッタンのタイムズスクエアには、のぞき部屋やストリップ劇場などのアダルトショップがあふれていた。

 しかり、ジュリアーニ市長が犯罪撲滅や街の「浄化」を掲げて、こうした店を排除すべく動き出した。1995年には、アダルト系のキャバレーやショップが、住宅地などの特定地区で営業することを禁じた。

 また、学校や宗教施設が500フィート以内にある場所では、アダルト系の店が営業できないようにした。

 アダルトショップの経営者たちは、規制をかいくぐるため、アダルト系のグッズに混ぜて、「アイ・ラブ・ニューヨーク」の文字がはいったTシャツや、自由の女神像の冠のおもちゃなどを並べて売っていた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る