大統領選混迷で企業にも不安
中小企業の1/3が悪影響実感

white-house-1022633_640

 大統領選の行方の不透明さが、国内のビジネスに影響を与えている。
 ウォールストリート・ジャーナルとビステージ・ワールドワイドが6月、中小企業オーナー715人を対象に実施した調査では、約3分の1が「選挙の行方が読めないことがビジネスに響いている」と答えた。
 不透明感から雇用、投資、新機材の発注などを控える企業もある。ミズーリ州オザークの建築物修復業者ミッド・アメリカ・メタルズ(従業員150人)は、新しいソフトウェア導入を含む3つの投資計画(合計約75万ドル)を保留中。政権や経済の先行きが見えないためで、経営者のデイル・ドゥナット氏は「会社を成長させるにはこれらのプロジェクトが必要と分かっているが、これほど大金の支出には非常に神経質になる」と話す。
 創業17年というコロラド州オーロラの機材販売・レンタル業者ベクターズも、夏はいつも新しい工事の測量が始まる多忙な季節だが、今年は1〜5月の収入が前年同期比で35%も減少しているため、機材の追加購入費用数百万ドルをまだ使っていない。経営者のマット・ノウロッキ氏は客の話として「税金や規制に関する両党の政策の違いがあまりに極端なので、建設業界は雇用を控えている」と説明した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2017年3月2日

    第101回 エネルギー
     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  2.  アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...
  3. 親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...
  4. ニナの友人の一人は「SAT1600点満点で1580点を取った。でも教育熱心な母親からは、なぜ...
  5. 今回は、皮膚とにおいについてお伝えします。 まずは加齢臭ですが、これは皮脂腺から分泌さ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る