天野哲郎 在ヒューストン総領事からのお見舞い

テキサス州に8月25日から上陸し、大きな被害をもたらしたハリケーン・ハービー。まだ被害の全容は明らかになっていないが現在も多くの人が避難生活をしている。

今回被害を受けたヒューストンの在留邦人にとって日本との窓口となるである、在ヒューストン日本国総領事館の天野哲郎総領事から在留邦人に向けてお見舞いのメッセージを出した。内容は次のとおり。

ハリケーン「ハービー」のテキサス上陸による記録的な暴風雨により、各地で甚大な被害が生じております。邦人の皆様におかれては、「ハービー」上陸に備え、自宅待機や避難等の措置をとられ、大変ご不自由されたことと思います。また、洪水等による被害によって、現在も困難な状況にある邦人の方々もおられます。皆様には心からのお見舞いを申し上げるとともに、今後の生活やビジネス環境の早期回復をお祈りしております。

8月29日の日米首脳電話会談においては、安倍総理からトランプ大統領に対し、「ハービー」の被害に心を痛めており、支援の用意がある旨お伝えしたところ、トランプ大統領は、温かい申し出に感謝すると述べておられました。

今後の回復に向け、皆様もテキサスの人々とともに力強く前進されるものと考えております。総領事館としても、微力ながら皆様へのご支援に全力をあげる所存ですので、よろしくお願いします。

在ヒューストン日本国総領事館総領事 天野哲郎

http://www.houston.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る