第142回 車輌保険を利用する

文/安岡忠展(Tadanobu Yasuoka)

all

 交通事故に遭い、相手に過失がある場合は相手に支払い義務があります。しかし、相手の保険会社から支払いがされるまでにかなり時間がかかってしまうことがあります。よくある理由としては、相手が過失を認めない場合、複数の車が巻き込まれた場合などです。残念ながら虚偽の証言をする人も多く、そういう場合は過失がはっきりするまでは支払われません。

 複数の車が事故に遭った場合は、全ての車の修理費の総額が出るまで支払われないこともあります。対物保険のリミットで全ての修理代を支払われるかどうかを見極めるためです。最低リミットの5000ドルしか加入していない場合は、複数の車の修理代全額を支払うことが困難な場合が多く、そういう場合には被害額の割合に応じて振り分けられます。よって被害額の全額がもらえない恐れも出てきます。

 車輌保険(collision)に加入しているとこういった心配はありません。車輌保険は過失の有無に関係なく適用出来ますので、相手に当てられた事故の場合でも相手の対応を待つ必要もなく修理出来ます。「自分の保険を使うと次回から保険料金が上がる」と思っている方も多くいますが、実はそうではありません。自分に過失がある事故の場合は保険料にも影響しますが、自分に過失がない事故であれば保険料は上がりません。

 相手に過失がある事故の場合は、自分の保険会社は車輌保険で使った金額を相手の保険会社に請求します。保険会社間で手続きをしますので、自分が相手側に催促したりする必要もありません。車輌保険を使う場合に免責(deductible)を負担させられますが、この額も相手が過失を認めた時点で払い戻されます。

 最初から相手側の保険会社が迅速に支払い手続きをしてきた場合は問題ありません。ただし、自分の保険エージェントにも事故があったことは報告しておいてください。事故関連の書類も全て保管することをお勧めします。事故を起こすと加害者でも被害者でもDMVの記録に残ります。DMVの記録ではどちらに過失があったか書いてありませんので、自分の過失ではなかったことを証明しなければなりません。警察のレポートや保険会社からの手紙などがあれば証明として使えます。何らかの証明を提出しないと、過失事故として追加料金を課せられる恐れもありますのでご注意ください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

安岡忠展 (Tadanobu Yasuoka)

ライタープロフィール

全ての保険を取り扱う総合保険代理店「ダイワ保険代理店」代表。顧客の保険代理人として「お客様にとってベストなプラン」を提供する。目標は「全ての保険を取り扱うことでお客様のニーズを把握し、生涯のパートナーとしてお付き合いいただくこと」。

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る