アメリカン航空で飛び、
OnlyOneTravelで巡る
今、キューバが熱い!

Text and Photos by Saori Yoshida

 絶対に今行くべき国。キューバから帰国した後にひとこと言うなら、この言葉に尽きる。
 キューバと聞いて浮かぶものと言えば、クラシックカー、葉巻、チェ・ゲバラ。2015年のアメリカとの国交回復を機に近年ニュースでよく目にするが、社会主義の閉ざされた国がどんな国で、 人々は何を楽しみ、何を考え暮らしているのか実際にはよく知られていない。1959年のキューバ革命以来時が止まった、カリブの海の真珠キューバ。果たしてどんな姿を見せてくれるのか。
 2016年11月よりアメリカ本土からの直航便を就航したアメリカン航空の協力のもと、キューバを知り尽くした中南米専門旅行社オンリーワントラベルのキューバ7泊8日プライベートツアーで体感したすべての感動をここでお伝えする。



DAY 1
首都ハバナに到着

 アメリカン航空での空の旅からスタート。今回はロサンゼルスからノースカロライナ州シャーロットを経由し、首都ハバナへ。キューバ入国のためのツーリストカードは、アメリカン航空のゲート前カウンターで購入できる。
 ハバナ空港に到着。大声で談笑する出迎えの人々で溢れかえった到着ロビーは、高温多湿の亜熱帯性気候というだけでは説明できないほどの熱気に包まれていた。





1

2 3 4 5 6 7 8

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る