アメリカン航空で飛び、
OnlyOneTravelで巡る
今、キューバが熱い!

Text and Photos by Saori Yoshida

 絶対に今行くべき国。キューバから帰国した後にひとこと言うなら、この言葉に尽きる。
 キューバと聞いて浮かぶものと言えば、クラシックカー、葉巻、チェ・ゲバラ。2015年のアメリカとの国交回復を機に近年ニュースでよく目にするが、社会主義の閉ざされた国がどんな国で、 人々は何を楽しみ、何を考え暮らしているのか実際にはよく知られていない。1959年のキューバ革命以来時が止まった、カリブの海の真珠キューバ。果たしてどんな姿を見せてくれるのか。
 2016年11月よりアメリカ本土からの直航便を就航したアメリカン航空の協力のもと、キューバを知り尽くした中南米専門旅行社オンリーワントラベルのキューバ7泊8日プライベートツアーで体感したすべての感動をここでお伝えする。



DAY 1
首都ハバナに到着

 アメリカン航空での空の旅からスタート。今回はロサンゼルスからノースカロライナ州シャーロットを経由し、首都ハバナへ。キューバ入国のためのツーリストカードは、アメリカン航空のゲート前カウンターで購入できる。
 ハバナ空港に到着。大声で談笑する出迎えの人々で溢れかえった到着ロビーは、高温多湿の亜熱帯性気候というだけでは説明できないほどの熱気に包まれていた。





1

2 3 4 5 6 7 8

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る