シモーン・きみか・ホリディ
イーグルス盛り上げるNFLチアリーダー

写真提供:Simone Kimika Holliday

 スポーツの枠を超えて、アメリカの国民的イベントとしての地位を築いているスーパーボウル。NFLの優勝決定戦であるスーパーボウルは、毎年のように年間最高視聴者数を記録しており、今年もアメリカ国内だけで1億人以上がテレビで観戦した。

 連覇を狙うニューイングランド・ペイトリオッツ対、初優勝を目指したフィラデルフィア・イーグルスの戦いとなったフィールドで、一人の日本人が試合を盛り上げた。イーグルスのチアリーダー、シモーン・きみか・ホリディがその人だ。

 シモーンは米国空軍人の父親と日本人の母親の娘として横田基地で生まれ、1歳まで日本で過ごした。その後は父親の赴任でハワイやドイツで暮らした。日本語学校に通ったことはないが、家で母親から日本語を教えられたので、日本語も不自由なく話せる。小学校3年生から高校を卒業するまではバージニア州で育ち、大学は芸術大学として名高いフィラデルフィアのザ・アーツ大学に進学。

 ハワイに住んでいた3歳の頃にダンスと出会い、フラ、バレー、タップを始めた。あらゆるジャンルのダンスに親しんだ。

 「3歳の時、テレビに出る人になりたくって、ダンスを始めました。水泳やゴルフなどいろんなスポーツもやったけど、ダンスが一番好きで、いつも踊っていました」

 あらゆるダンスを経験してきたシモーンだが、イーグルスのチアのオーディションを受けるまでにスポーツチームを応援するチアだけは経験する機会がなかった。

 大学で出会った先輩がイーグルスのチアリーダーで、「イーグルスのチアリーダーになれば素晴らしい経験をできるだけでなく、ダンス業界、エンタメ業界への人脈も広がる」と勧められ、大学2年生の終わりにオーディションを受け、みごとに一発で合格。難関のNFLオーディションに一度で合格できるチアリーダーは少ないが、シモーンはダンスの技術とフレンドリーな人柄を高く評価されて合格を手にした。

写真提供:Simone Kimika Holliday

活動2年目でチーム代表
プロボウルに選出される

 NFLのチアリーダーはポンポンを持って踊るだけの存在ではなく、内面、外面ともに美しく、知的な女性たち。
「NFLチアリーダーはボランティア精神も高く、愛情に溢れています。私も子どもたちの模範となれるように気をつけています。7万人のイーグルス・ファンで埋まるスタジアムで踊る経験は言葉にし難いほどの経験で、フィールドに出て行った瞬間に鳥肌が立ちました」

 NFLのチアリーダーが試合で踊れるのは、年間10試合しかない。学校や病院を訪問したり、イベントに出演したりする仕事の方が多い。

 「踊るのは大好きだけど、新しい人と出会って話すのも大好き。コミュニティに貢献して、困っている人に助けの手を差し伸べる機会も与えてくれるイーグルスのチアリーダーとしての活動は本当に楽しいです。NFLのチアリーダーとして人と接することで、人に勇気と力を与えることができるのですから」

 そんなシモーンは2年目の今季、NFLのオールスターゲームであるプロボウルに選出された。NFLの各チームは、チーム代表として1人のチアリーダーをプロボウルに送り出す。活動3年以上のベテランが選ばれるのが普通だが、シモーンはわずか2年目にしてその栄誉を手にした。

 プロボウルはスーパーボウルの1週間前に行われるために、スーパーボウルを戦う2チームの選手は出場しない。今年のプロボウルにはイーグルスの選手の姿はなかった。「イーグルスを代表するのは私だけでした。イーグルスのファンは私を応援するプラカードを手にして、私の名前を叫んで応援してくれました」。さらに、全世界が注目するスーパーボウルの舞台にも立ち、イーグルスを優勝に導いた。

 プロボウル選出とスーパーボウル優勝。NFLのチアリーダーの中でも、毎年1人だけしか手にできない栄誉を経験したシモーンは、大学卒業のタイミングも重なることから、NFLチアリーダーから引退する。

 「イーグルスのチアリーダーとして活動した2年間で信じられないような経験をたくさんさせていただき、ダンサーとしてだけでなく、人間としても大きく成長させてもらいました」と語るシモーンはNFLのフィールドを飛び出して、エンターテインメントの世界でも輝いていくことだろう。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

三尾圭

ライタープロフィール

写真撮影と記事執筆の二刀流を誇るスポーツフォトジャーナリスト。アメリカ4大スポーツを中心に、あらゆるスポーツを追いかけて全米を飛び回る。

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る