〔シンガポール〕外食大手、フードコート運営会社を買収

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

シンガポールの外食大手ブレッドトーク・グループは2日、地場フードコート運営会社のフード・ジャンクション・マネジメント(FJM)を買収することで合意したと発表した。買収額は8000万Sドル(約61億円)。シンガポールとマレーシアのフードコート事業を強化するのが狙いだ。

FJMは食品・消費財流通会社オーリック・パシフィック・グループ傘下のフード・ジャンクション・ホールディングスが100%出資する企業。ブレッドトークはフードコート運営子会社トップウィンを通じて全株式を取得する。FJMはシンガポールの12カ所、マレーシアの3カ所でフードコートを運営している。マレーシアでは2020年にジョホール州で新店舗を開業することになっている。

ブレッドトークは2000年創業で、現在は16カ国・地域でベーカリー、レストランなどを1000店近く手掛けている。フードコート事業は「フード・リパブリック」「フード・オペラ」のブランド名で展開。シンガポール、マレーシア、中国、香港、台湾、タイ、カンボジアに店舗がある。シンガポールでは14カ所、マレーシアでは2カ所を運営。FJMの買収後は計31カ所へと倍増することになる。

情報提供:株式会社NNA
アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る