〔タイ〕8月のCPI0.52%上昇、1月来の低い伸び

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

タイ商務省は2日、2019年8月の消費者物価指数(CPI、422品目、15年=100、速報値)は102.80となり、前年同月比0.52%上昇したと発表した。果物・野菜や米・粉製品を中心とした食品・飲料部門の価格上昇が全体を押し上げたが、燃料価格の下落が相殺する形で、今年1月(0.27%上昇、修正値)以来の緩やかな上昇率となった。価格の変動幅が大きい生鮮食品とエネルギーを除いた、コアCPIは前年同月比0.49%上昇した。

商務省貿易政策・戦略事務局(TPSO)によると、食品・飲料部門は前年同月比2.63%上昇。前月に2桁上昇した果物・野菜の上昇幅は7.23%だった。米・粉製品は7.06%、肉・魚は3.63%それぞれ上昇した。一方、非食品部門は0.67%の下落で、このうち、運輸・通信は2.22%下落した。

TPSOのピムチャノック事務局長は、「生鮮食品の価格上昇が全体に響いたが、燃料価格の下落が一部を相殺した」と分析。「年内は燃料価格の低迷が続き、指数全体を押し下げることになる」と予測した。

政府の景気刺激策で、一部農作物の価格が保証されるが、ピムチャノック氏は想定以上のCPI上昇にはつながらないとの見方を示した。タイ中央銀行(BOT)が通年目標として掲げる1%の上昇については、年内の上昇幅が0.8〜0.9%になり達成は難しいとした。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る