〔インド〕漁業に5年で2500億ルピー投資、政府方針

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

インド政府は、漁業を促進するため向こう3〜5年間に2500億ルピー(約3680億円)を投資する方針だ。ビジネス・ライン(電子版)が3日に伝えた。

今回の投資は、政府が2016年に策定した水産業育成プログラム「ブルーレボリューション」(青の革命)の一環。畜産・酪農・漁業省のラジニ・シバル漁協局事務次官は、港湾インフラの開発を進めるほか、養殖場や検疫施設の設置事業に対する補助金の拡大、加工施設や低温物流網(コールドチェーン)の整備への資金援助を実施すると説明した。

シバル氏はまた、内陸漁業の生産量を4年以内に現在の300万トンから600万トンに引き上げる目標を明らかにした。内陸水産物は現在、国内漁獲量の約半分を占めている。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る