〔シンガポール〕共栄タンカー、海外初の拠点開設

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

船会社の共栄タンカー(東京都港区)はシンガポールで、初の海外拠点としてキョウエイ・タンカー・シンガポールを設立した。11日から営業を開始する。海事産業の世界的集積地である同国で、情報収集や顧客の新規開拓を進める。

中心部タンジョンパガーにあるJR東日本が運営するコワーキングスペース(共用オフィス)「One&Co(ワンアンドコー)」に完全子会社を開設した。資本金は25万米ドル(約2730万円)だ。

共栄タンカーの取締役総務部長、中嶋靖氏によると、まず2人体制で業務を開始し、近くもう1人採用する計画。これまではコスモ石油、日本郵船など日系顧客が中心で、海外の顧客は数社にとどまる。シンガポール子会社を通じて海外顧客を増やすとともに、既存顧客との関係を深めたい考えだ。

中嶋氏は「シンガポール発の案件で確実に利益を出していきたい」と意気込みを語った。売上高などの具体的な目標は明らかにしなかった。

共栄タンカーが8日発表した2019年4〜9月期の連結決算は、売上高が前年同期比18%減の58億6900万円、純利益が10%減の4億4000万円の減収減益だった。前年度に船舶3隻を売却した影響で売上高が減少したほか、一般管理費の増加が利益を圧迫した。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る