〔シンガポール〕空港で日本の化粧品販売、アイスタイル

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

アイスタイルはチャンギ空港内に日本の化粧品を販売するコーナーを開業した(同社提供)

化粧品の口コミサイト「アットコスメ」を運営するアイスタイル(東京都港区)は、シンガポールのチャンギ空港内の免税店に日本の化粧品を販売するコーナーを開業した。海外の免税店で同様のコーナーを設置するのは、韓国に続き2カ国目となる。

子会社のアイスタイルトレーディング(東京都港区)を通じて、チャンギ空港第3ターミナルの一般エリアにある新羅免税店内に「@cosme(アットコスメ)Jビューティーパーク」を9日にオープンした。売り場面積は50平方メートルで、取扱商品数は187SKU(在庫管理の最小単位)だ。

アイスタイルの広報担当者によると、新コーナーでは日本のアットコスメで人気の商品を中心に販売する。◇アヴァンセ(東京都港区)のまつ毛用薬用育毛料「ラッシュセラムEX」◇ハウスオブローゼ(同区)のボディスクラブ「ボディスムーザーN」◇太陽のアロエ社(成和インターナショナル、東京都町田市)の「ヒアルロン酸うるおい高密封マスク」——などの商品を取り扱う。

シンガポール事業は現在、空港への出店だけだが、将来的には電子商取引(EC)やアプリ、実店舗の出店なども検討する。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る