〔シンガポール〕空港で日本の化粧品販売、アイスタイル

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

アイスタイルはチャンギ空港内に日本の化粧品を販売するコーナーを開業した(同社提供)

化粧品の口コミサイト「アットコスメ」を運営するアイスタイル(東京都港区)は、シンガポールのチャンギ空港内の免税店に日本の化粧品を販売するコーナーを開業した。海外の免税店で同様のコーナーを設置するのは、韓国に続き2カ国目となる。

子会社のアイスタイルトレーディング(東京都港区)を通じて、チャンギ空港第3ターミナルの一般エリアにある新羅免税店内に「@cosme(アットコスメ)Jビューティーパーク」を9日にオープンした。売り場面積は50平方メートルで、取扱商品数は187SKU(在庫管理の最小単位)だ。

アイスタイルの広報担当者によると、新コーナーでは日本のアットコスメで人気の商品を中心に販売する。◇アヴァンセ(東京都港区)のまつ毛用薬用育毛料「ラッシュセラムEX」◇ハウスオブローゼ(同区)のボディスクラブ「ボディスムーザーN」◇太陽のアロエ社(成和インターナショナル、東京都町田市)の「ヒアルロン酸うるおい高密封マスク」——などの商品を取り扱う。

シンガポール事業は現在、空港への出店だけだが、将来的には電子商取引(EC)やアプリ、実店舗の出店なども検討する。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る