東南アジアの訪日客、8年連続過去最高

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国から日本を訪れる観光客は、2019年に前年比15%増の383万4000人となり、8年連続で過去最高を更新した。6カ国全てで前年を上回った。フィリピンなど4カ国で新規就航や増便が相次ぎ、座席供給量が拡大したことが背景にある。

旅行者数で最大となったのは前年から引き続きタイで、17%増の131万9000人だった。日本政府観光局(JNTO)は、訪問地域を分散するため、リピーター層向けの地方都市のプロモーションに力を入れていた。

フィリピンからの旅行者は22%増の61万3100人となり、初めて60万人を突破した。19年はマニラ—羽田線、マニラ—関西線、クラーク—成田線など新規就航が相次ぎ、11月までの累計で既に18年通年を上回っていた。

マレーシアは7%増の50万1700人で、初めて50万人台に達した。座席供給量に変化はなく、伸び幅は比較的小さかったものの、JNTOによる同国地方都市での訪日観光プロモーションなどが奏功した。JNTOは、訪日旅行が一般的ではないムスリム(イスラム教徒)客の開拓にも力を入れていた。

ベトナムは49万5100人で、伸び率は6カ国で最大の27%だった。18年までは6カ国で最も人数が少なかったが、19年はシンガポール、インドネシアを抑えて4番手に浮上した。ベトナムでは花の観賞が人気コンテンツとなっているという。

シンガポールは13%増の49万2300人。増便や機材の大型化などで、座席供給量が拡大した。

インドネシアは4%増の41万2800人だった。ジャカルタ—成田線が運休し、6カ国で唯一座席供給量が減少した。ただプラス成長は維持し、通年で初めて40万人を上回った。

12月は5カ国で過去最高更新

19年12月は、ベトナムを除く5カ国で、単月として過去最高を更新した。前年同月比で15%増加したシンガポールは、初めて単月で10万人を超えた。

フィリピンが46%増の8万1500人と急伸した。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  2. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  3. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  4. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  5. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  6. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  7. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  8. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
ページ上部へ戻る