〔タイ〕商船三井ロジ、現法が陸送と通関事業を開始

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

商船三井ロジスティクスのタイ現地法人MOLロジスティクス・タイランド(MLGタイ)は、1月から事業内容にタイ国内のトラック輸送と通関業務を加え、総合物流サービスを強化した。両事業はこれまで商船三井のタイ現地法人MOLタイが担ってきたが、MLGタイに集約することで、国際・国内物流を結ぶストレスフリーのサービス提供を図る。

MLGタイは1993年設立。これまで国際航空・海上フォワーディングを中心に物流サービスを手掛けてきたが、急速に変化する顧客ニーズに合わせ、総合物流サービスのメニュー拡充と品質向上が必要と判断した。MOLタイが培ってきたタイ国内物流と通関の専門性の高いノウハウや人材をMLGタイに結集。タイにおける商船三井グループで唯一の総合ロジスティクスプロバイダーとなった。

新たな事業の追加により、MLGタイの従業員数は、昨年末時点の200人から3倍の約600人に拡大した。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る