すべてのレストランで大麻由来成分の入った飲食物の提供を禁じる – NY市保健局

Photo by Kimberly Nanney on Unsplash

マンハッタンの有名百貨店のバーニーズ・ニューヨークでもロウソクなど大麻から生成された成分を含んだ商品を販売するようなCBD含有商品に対応する現状があるのにも関わらず、ニューヨーク市保健局は、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)を含む飲食物をニューヨーク市内のバーや飲食店で提供を禁止すると述べたとNew York Post紙は報じている。

同局の広報担当者によると、「ニューヨーク市のレストランでは、安全な食事として承認されていないものを食べ物や飲み物に追加することは許可されていません。」 「保健局は、ニューヨーカーの健康を守ることに真剣に取り組んでいます。」と伝えている。

ニューヨーク市健康局は先月からCBDを含む食品の禁輸措置を開始している。 さらに7月1日から、取扱量に応じて200ドルから650ドルの罰金が課される。すでにニューヨークでは、5つのレストランでCBD商品の販売停止が言い渡されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る