Census 2020
前回の国勢調査で最も過少計上された中に5歳以下の子供がいること

Sponsored by / 2020 Census instead of TDW+Co

America Counts スタッフ – 2019年11月13日

10年ごとの国勢調査で米国にいるすべての人を計上するのは困難ですが、米国にいるすべての乳幼児を計上することは、この仕事の中で最も困難な部分の1つかもしれません。

幼少の子供がいる親や大人は、常に、もしくは少なくともほとんどの時間同居している子供をすべて含める必要に気付かないことがよくあります。

国勢調査局は、ほとんどの時間に家で寝起きしている幼少の子供がいるなら、その子供を計上する必要があることを一般の人々に知っていただくように努めています。2020年4月1日、あるいはそれ以前に生まれた新生児は計上する必要があります。
米国国勢調査局によると、2010年の国勢調査では、ほぼ100万人の子供(5歳未満の子供の4.6%)が計上されていません。

実際、5歳未満の子供は、米国で過小計上されている人々の最大のグループの1つです。

今後10年間における、毎年数十億ドルの連邦および州の資金運用方法を決定するために、地方議員、州議員ならびに連邦議員が人口統計を使用するため、2020年の国勢調査で幼少の子供を計上することは極めて重要です。

資金の大半は、子供たちに直接影響を与えるプログラムに用いられます。これには栄養支援、ヘッドスタートプログラム、特別教育、里親制度、メディケイド、児童健康保険プログラム、子供の家族を援助する住宅支援などが含まれます。

地域に何人の子供が住んでいるかを知ることは、自治体が下す多くの重要な決定の基礎となります。たとえば、地域に新しい図書館、新しい学校、新しい病院を建設する必要があるか、また未就園児向けヘッドスタートプログラムの拡充が必要かといった決断の基礎となるのです。

こうした地方特有の決定は、人口の変化、また多くの場合子供の数の増加により推進されます。ある地区での出産増加により新しい学校が必要になる場合がありますが、すべての乳幼児(将来の学童)を計上しないと、学校が建設されない可能性があります。

2020年国勢調査における幼少の子供過少計上取り組みプログラムマネージャー、ならびに国勢調査局のUndercount of Young Children Task Force(幼少の子供過少計上対策本部)議長であるKaren Deaver氏は、2020年にすべての子供が確実に計上されるよう、国勢調査局は公的および民間の提携先ならびに教育者と協力し取り組んでいる、と述べています。

「これは根強い問題であり、深刻さを増す問題だと認識しています」とDeaver氏は述べています。

国勢調査局は、ほとんどの時間に家で寝起きしている幼少の子供がいるなら、その子供を計上する必要があることを一般の人々に知っていただくように努めています。2020年4月1日、あるいはそれ以前に生まれた新生児は計上する必要があります。

この取り組みの一環として国勢調査局は、幼少の子供に焦点を当てた国および地方の組織と提携して広告やコミュニケーションの取り組みにメッセージを入れ、また幼少の子供を数えることについて取り上げたウェブページを含むオンライン資料を公表しました。国勢調査局は学校における統計資料を拡充し、幼稚園を含めるようにしました。

幼少の子供が見逃される理由時には世帯の大人が単に国勢調査票を返却しないために、子どもが見逃されることがあります。

多くの場合は、調査票を返す人が屋根の下にいる全員を計上し忘れているだけです。こうした人は、一時的に同居もしくは滞在している幼少の子供を省略することがあります。

これは、多くの場合、いわゆる「複雑な家庭」で発生します。たとえば、同一家族の複数世代や親戚関係のない複数の家族が同居している場合、混合家族もしくは里親家族などです。

国勢調査局によると、2010年の国勢調査では、幼少の子供全体の約40%が複雑な世帯カテゴリに分類されました。

国勢調査の日やその時期に移動する人々もリスクが高くなります。こうした流動性は子供の計上を難しくします。

「お母さんが回復するまで、お母さんと子供たちが短期間おばあちゃんと一緒に暮らしている状況かもしれません」とDeaver氏は述べています。

しかし、その祖母はこのような状況下で国勢調査の質問票が自分のポストに届いたとき、子供を計上することは考えないのです。

国勢調査局によると、大人の英会話力が限られている家庭や、貧困状態で暮らす子供たちも見逃される可能性が高くなります。

各戸に入居人数制限がある補助金付き住宅に住んでいる家族の場合、人々はそこに住んでいる人全員を報告することに消極的で、国勢調査票に子供全員を含めることを恐れるかもしれません。

「おそらく(世帯主が)家主に話していない家族がある」と、2020年の国勢調査における、国勢調査局のCounting Young Children(幼少の子供計上)コミュニケーション主席、Ashley Austin氏は述べています。「そこにいるべきではない家族の場合、または単に居候の場合」、世帯主はその人たちを計上することは考えないかもしれません。

しかし、計上する必要があります。

2020年の国勢調査への回答は極秘であり、法的に保護されています。移民税関捜査局(ICE)などの法執行機関や移民機関と共有することはできません。回答は当然、家主やいかなる個人とも共有されることはありません。収集された情報は、統計作成目的でのみ使用されます。
幼少の子供を計上しないことで子供に何年も影響が及ぶことがある

国勢調査の結果は、子供にとって重要なプログラムのために連邦資金の分配先を決定する基礎となるため、正確な計上により、今後10年またそれ以降の子供の将来を形作ることができます。

今、幼少の子供を計上することは、子供が成長にしたがい必要な援助を受けるために重要です。2020年国勢調査に回答することからこのすべてが始まります 。

「国勢調査で子供たちを見逃すと地域に今後10年間影響が及びます。私たちには、子供たちが成長期に利用できるよう必要な基金を支援するプログラムを実現したいのです」とAustin氏は述べています。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  2. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  3. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  4. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  5. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  6. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  7. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  8. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
ページ上部へ戻る