Vol.045:アメリカで起業!自営業者(個人事業主)になる

大きなものは大抵、重くて遅い。全てではないが大企業もそう。

テクノロジーの進化で、流行り廃りやビジネス、働き方もその変化スピードが加速するこの時代。

大量生産・大量消費、フランチャイズに象徴されるスケーラブルなビッグビジネスよりも、多様性に富みフレキシブルに動けるプロジェクト型ビジネスの方が強さを増しているように思いませんか?

いわゆる正社員(サラリーマン)が、自営業者よりもリスクが低いという状況が変わった。ローリスク・ローリターンならまだしも、ハイリスク・ローリターンになってしまうのであれば、自営業やスモールビジネス、フリーランスの方が、その他のメリットなども踏まえると選ぶべき働き方に思えるのは僕だけでしょうか?どちらにしてもハイリスクなら、ハイリターンを得られる方が魅力的ですよね?

日本とアメリカ、世界において状況は異なると思いますが、先進国は特にグローバルに繋がってくるのは必然。世界標準の働き方に合わせていくことが、これからの時代を生き抜くために重要です。そこで今回は、アメリカでの起業・自営業者(個人事業主)に関する状況をまとめてみたいと思います。

特にアメリカにおいての正社員のメリットは日本のそれに比べるとかなり少ない。そもそも終身雇用などという考えはなく、手厚い福利厚生や退職金などもほとんどの企業では期待できません。必要な時に必要なスキルを持った人材を雇い、必要無くなった時にはスパッとレイオフするドライで合理主義的な考え方が当たり前と言えます。

それは雇われる側も同様で、常に仕事をこなしながらも自分のスキルを磨き、より良い条件での転職先を常に探しつつベストなキャリアパスを図っています。ちなみに平均転職率は4年に1度。

更に、ここ数年のコロナ・パンデミックの影響もあり大辞職時代(Great Resignation)と呼ばれる状況の中、アメリカ人の労働者の中で起業や自営業を始めることを考えている人がこれまでになく増えているそうです。労働人口全体の40%の人が、今後2年以内に自営業をすることを考えていると答えています。この数字は、35歳以下の人や高学歴の人の間ではさらに高くなっているそう。

逆説的ですが、条件的に安定している従業員が仕事環境に満⾜すればするほど、起業や自営業を考える可能性が⾼くなるというデータもあるそうで、面白いなと思いました。

そして起業や⾃営業への主な関心は、金銭的な利益よりもキャリアコントロールやライフワークバランスなどの⽣活に対する充実感の追求があるようです。

そこで選ばれる職業として多いのが、フリーランスのライター、アプリケーション開発、ソーシャルメディアマーケティング、ブログ運営、EC運営、不動産業などだそうです。

アメリカの民間労働力人口は、2021年12⽉の時点で1億6,229万⼈に達したとのこと。

民間労働⼒という⾔葉は、⽶国労働統計局(U.S. BUREAU OF LABOR STATISTICS)によって、仕事を持っているか仕事を探している16歳以上で、兵役に就いておらず、施設に収容されていないアメリカ⼈のサブセットを表すために使われています。

その中で、他に仕事を持たない自営業者は約1000万⼈強。副業を含め、フリーランサーと呼ばれる⼈は労働⼈⼝の約3分の1 程度という統計が出ているそう。

そして、2021年4⽉の数字でアメリカの自営業者の平均年収が $83,792.00。計算すると、1ヶ⽉あたり$6,983となります。また、ZipRecruiterの調査によると⾃営業者の年収は、$41,000〜 $89,000の間が多く、トップ層は$152,500を稼いでいるとのこと。

近年、特にアメリカでのオンラインビジネス領域においては、便利なアプリ(ソフトウェア)やプラットフォームが無数に存在しています。それらを駆使することでコストを抑えた形で比較的簡単にスピーディーにビジネスを始めやすい環境になりました。ここらで起業や自営業を考えてみるのもありかもしれませんね。

以上、アメリカにおいての起業・自営業者の状況をまとめてみました。

参考記事:
https://www.freshbooks.com/press/data-research/usemploymentreport
https://writersblocklive.com/blog/self-employment-statistics/#stat1

最後に、”起業”を大袈裟に考えてしまうと不安にもなります。できるところから少しずつ、副業でオンラインビジネスを始めてみる感覚で捉える方が良いかと思います。それでも情報が溢れていて、何から手をつけていいか分からない!という場合は、お気軽にご相談ください。

ビジネスモデルの構築や最適化、アメリカでのデジタルマーケティングに関してのご相談はこちらからお気軽に。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

ライタープロフィール

カリフォルニア州レドンドビーチ在住。愛知県豊田市生まれ。21歳で渡米後、レストランでアルバイトをしながら、バンド活動とサーフィンに没頭。メディア運営に興味を持ち始め、ビジネスの世界へ。
全米最大級の日系オンラインメディア運営会社にて、広告販売を中心とした営業部の立ち上げ、新規エリア開拓、マーケティング戦略・イベント企画の立案、遂行など、営業/販売サイドの統括責任者として実績を残す。11年連続売上増に貢献した後退社。2016年1月、米国法人 Zero-Hachi Rock, Inc.を設立。ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中!

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る