この夏はグランピングに行こう

TEXT by Haruna Saito

一度は行きたい グランピングスポット10

グランピングとひと言で言っても、楽しみ方は多種多様。ここでは全米各地から、編集部がおすすめしたいグランピングスポットをピックアップ。

©︎Bellfire

Bellfire
Place:New York
Style:ティーピーテント
www.bellfirefarm.com

NYCから車で3時間ほど北に向かったキャッツキル山地に位置するBellfireは、都会の喧騒から離れて週末にリフレッシュしたい人におすすめ。林の中にポツンと佇むティーピーテントの内部には、大きな暖炉を囲むようにカスタムメイドの寝具や家具、調理器具などが置かれている。ネイティブアメリカンスタイルのデコレーションに身も心もほっこり。



©︎ Treebones Resort

Treebones Resort
Place:California
Style:ユルトテント
www.treebonesresort.com

西海岸に面した立地のTreebones Resortは、目の前に太平洋を一望できる人気のキャンプリゾート。モンゴルの遊牧民を思わせるユルトテントの内部には落ち着いた空間が広がっており、ウッドデッキから眺めるサンセットはまさに絶景。また、地元の芸術家がデザインした “Human Nest” と呼ばれる鳥の巣のような宿泊部屋もおすすめ。



©︎ Little Raccoon Key

Little Raccoon Key
Place:Georgia
Style:サファリテント
littleraccoonkey.com

東海岸に位置するLittle Raccoon Keyは、なんと、プライベートアイランドを丸ごと貸し切って滞在ができるグランピングスポット。自分たち以外にこの島にいるのはイルカやカメ、鳥といった野生動物のみという、なんとも贅沢な時間を味わえるのが魅力だ。独り占め空間をどのように楽しもうが、あなたの自由! 予約をすれば、シェフによる豪華な食事も用意してもらえる。



©︎ Moose Meadow Lodge & Treehouse

Moose Meadow Lodge & Treehouse
Place:Vermont
Style:ツリーハウス
www.moosemeadowlodge.net

バーモント州の中ほどに位置するMoose Meadow Lodge & Treehouseは、木々に囲まれた静かな森の中にある宿泊施設。木造のおもちゃのようなツリーハウスは、こども連れの家族旅行に人気だ。目の前には小さな池があり、周辺の森ではハイキングや釣り、冬にはスキーやスノーモービルといったアウトドアを思いっきり楽しめる。



©︎ Capitol Reef Resort

Capitol Reef Resort
Place:Utah
Style:幌馬車型テント
capitolreefresort.com

キャピトル・リーフ国立公園にほど近いCapitol Reef Resortでは、開拓時代を彷彿とさせる幌馬車タイプのテントで開拓者気分を味わいながら宿泊体験ができる。



©︎ Unique Luxury Cave Getaway under Ozark National Forest

Unique Luxury Cave Getaway under Ozark National Forest
Place:Arkansas
Style:洞窟
glampinghub.com

オザーク・ナショナルフォレストの地下に広がる洞窟を利用した宿泊施設。天井や壁は鍾乳洞そのもの。



©︎ Dunton River Camp

Dunton River Camp
Place:Colorado
Style:サファリテント
www.duntondestinations.com

温泉リゾートに位置するキャンプサイト。かつて牧場だった500エーカーもの広い敷地内には8つのラグジュアリーテントがあり、広々としたスペースでキャンプ気分を楽しめる。



©︎ Fireside Resort

Fireside Resort
Place:Wyoming
Style:キャビン
www.firesidejacksonhole.com

モダンなキャビンで快適に宿泊したい人におすすめ。内部にはベッドはもちろん、キッチンや暖炉、テレビ、ソファ、シャワールームといったホテル同様の設備が整っている。



©︎ Secluded Eco Dome in Dark Sky Ordinance Territory

Secluded Eco Dome in Dark Sky Ordinance Territory
Place:Texas
Style:洞窟
glampinghub.com

アドビ建築の宿泊施設。ビッグベンド国立公園へのアクセスが良好で、夜になると頭上には満天の美しい星が広がる。



©︎ Asheville Glamping

Asheville Glamping
Place:North Carolina
Style:ドームテント
www.ashevilleglamping.com

ノースキャロライナにあるドーム型テントの宿泊施設。まるで近未来のような不思議なテントの内部にはラグジュアリーな家具が一式揃っているほか、小さなこどもが楽しめる仕掛けも。

1

2

3

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る