〔韓国〕サムスン電子、5G対応のモバイルAP発表

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

サムスン電子は4日、第5世代(5G)移動通信規格に対応したスマートフォン向けモバイルアプリケーションプロセッサー(AP)「エクシノス980」を公開した。年内に量産を開始する計画という。

エクシノス980は、既存のAPに5G通信モデムやイメージ処理装置(GPU)、人工知能(AI)専用のプロセッサー(NPU)などを搭載したSoC(システム・オン・チップ)製品。サムスン電子は個別で5G対応チップを発表したことはあるが、SoCタイプは初めて。同製品を採用すれば、エネルギー消費の効率化とボディーの小型軽量化が可能になる。

5G対応のAPは、これまでに米クアルコムと台湾メディアテックが開発に成功している。サムスン電子は将来の5Gニーズの取り込みに向けて両社と競争を繰り広げそうだ。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る